株式会社 キグチテクニクス

未来のものづくりを創造 世界を舞台に活躍

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

世界が認める高技術で人々の安心安全を支える縁の下の力持ち

 私達は“安全”を当たり前と感じて乗っている車や、子供たちが使う遊具。しかしその裏で、厳しい安全性テストが行われていることはあまり知られていない。《株式会社キグチテクニクス》は、身近な遊具や自動車を始め、飛行機やロケットなどの航空宇宙、エネルギー業界で使われる金属や複合材の安全性をチェック。国内外の“ものづくり”を支え、ひいては私達の暮らしの安全・安心を支え、さらに未来をつくる最先端の技術にも大きな力を添えている。

 1961年、“鋼の町”として知られる島根県安来市で創業。日本刀の研磨師として高い評価を受けていた初代が《日立金属株式会社》安来工場長に高級特殊ヤスキハガネの研磨を依頼されたのがきっかけだった。その後、手作業による研磨に加え、機械を用いた試験片の切削や研削も受注。さらなる飛躍を目指そうと《ISO9001》《ISO14001》に加え、航空宇宙に特化した国際規格《JISQ9100》を取得し、自動車産業以上に高い技術力が要求される航空宇宙産業分野へも進出。航空宇宙製品の特殊工程を含む製造に携わるためには必須条件となる認証プログラム《Nadcap(ナドキャップ)》も取得し、国内外の大手企業から注目されるようになった。

続きを読む

 GE(ゼネラル・エレクトリック)、ロールス・ロイス等、世界の主要航空機エンジンメーカーの全てから認証を受けているのは、国内唯一。営業部の武久浩之本部長は「完全に客観的な立場で品質を試験、評価できる独立した試験機関は少なく、今後益々需要が高まると見込んでいます」と誇らしげに語る。

記事をたたむ

大手航空機メーカーの研究技術職から7年前に移籍した武久本部長。長年培った知識と経験、人脈を生かして営業エリアを拡大、新規事業展開も積極的に試みている

一貫受注体制で国際的競争力を獲得

 同業他社に負けない特徴的な強みがもう一つある。試験素材の切り出しから熱処理、加工、試験評価まで、全国でも数少ない一貫受注体制を築いていることだ。高品質、短納期、低コストの実現を可能にし、国際的競争力を得た。2019年2月には、敷地内に新センターが完成。細いワイヤーに電気を通して大きな材料の中の特定された部位から試験片を切り出すワイヤー放電加工機を集約・増設して作業の効率化を図ると共に、現在、航空機や自動車などへの導入が進むCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を加工する設備を新センター内に集約させてCFRPへの対応力アップを図った。新センター2階の講堂では、世界的なカーレースで優勝を果たした自動車メーカーから開発者を招いて講演会を開催。優勝にいかにキグチテクニクスの試験が貢献したかを聞いた社員たちは、自分たちの仕事の成果の大きさに感動して、取引先と〝ワンチーム〟として取り組む気概を奮い立たせていた。

キグチテクニクスの本社

夢の実現にも一役

  “空飛ぶクルマ”が走るのもそう遠くない未来なのかもしれない―。「モビリティを通じて次世代に夢を提供する」をミッションに、2 0 1 2年に始動した有志団体「CARTIVATOR」にも同社は参加。“空飛ぶクルマ”の実現を目指して機械開発に取り組んでおり、国内外の名だたる企業と肩を並べて重要な試験を任されている。

 一昨年には島根大学との共同研究講座を開設し、地域の人材育成や産業振興にも注力するなど、舞台はものづくりだけに留まらない。「これからも時代の流れに常にアンテナを張り、求められる評価試験を常に探って、次世代のものづくり・人づくりに貢献し続けます」と武久本部長。その眼は未来を見据えている。

超高精度が求められる試験片製造

 キグチテクニクスでは、製造部が顧客から提供された素材から顧客の指定した部位を切り出し、必要に応じて熱処理を行ってから試験片を加工。それを用いて試験部が材料特性や組織などを調べる。最初の工程である「切断」にもさまざまな方法があり、ワイヤー放電加工と、刃物や砥石で金属を切ったり削ったりする方法に大きく分かれる。

 製造部製造二課の塚本紘さんは、製造一課が切り出したピースを求められる寸法に切削、研磨していく後者の業務を担う。金属の種類によって硬さが異なり、機械台座に固定する加減で壊れてしまうものもある。「素材に応じて工具や技法を変える必要があるのですが、加工が難しい材料の時は、最初に自分で考えて、どうしてもうまくいかない時は先輩にアドバイスをもらっています。気軽に相談できる雰囲気のある職場です」。

続きを読む

 松江工専の4年次にインターンシップで訪れ、「世界から信用されている会社が地元にもあると知り、これからも伸びていく会社だと可能性を感じて」入社を決めた。扱う機械の種類は多く、形状を確かめながらの超精密な技術を要求される。「年々、使える機械も増えてきて、自分でも成長を感じています」。一昨年は会社の補助を受けて機械加工技能士の資格を取得した。「素材や形状もいろいろですが、ものづくりが好きなので、難しい金属の寸法をきっちりと決められた時は『よし』と思います」とやりがいを語る。

記事をたたむ

機械に慎重に金属を取り付け、形状を確かめながら1/100~1/1000㎜単位の超精密加工を行い、試験片に仕上げていく塚本さん

人々の安全を支える疲労試験

 塚本さんら製造部が作った試験片は、試験部で常温や高温における強さ、延性、疲労などの材料特性を調べていく。疲労試験課の玉木達也さんは2017年に派遣社員として同課に配属されるまで、評価試験に関する専門的な知識は全く持っていなかった。「最初は何も分かりませんでしたが、上司や先輩に親身に一から教えてもらい、自分でも勉強するうちに評価試験の奥深さやおもしろさに気付きました」。2019年8月から正社員として登用された。

 現在は、試験片を試験機に取り付けて引っ張ったり、圧縮したりするサイクルを繰り返す疲労試験を担当している。そのサイクルを1秒間に行う回数を多くしたり、少なくしたりして割り出された金属の疲労強度は、例えば自動車や航空機に使われる部品を何年後に交換しないといけないのかという基準づくりに役立っている。「責任の大きな仕事ですが、たくさんの人の安全を支えていると思うとやる気が出ます」。

続きを読む

 駅伝強豪校の駒沢大学の駅伝チームに所属。「経営学部だったので、全く異なる分野から入りましたが、職場には割と専門的な経験を持たずに入ってきた同僚は多いです。自分がしてもらったように、後輩に教えらえるよう研鑽していきたい」と意気込む。

記事をたたむ

「会社の雰囲気は、仕事とオフの切り替えがきっちりとあり、休憩や仕事終わりはみんなで和気あいあいと雑談して、明るく楽しい職場です」と笑う玉木さん

英語の能力を活かして働く

 得意な英語を使って仕事できることに魅力を感じて入社を決めたのが、品質管理課の木本陽奈子さんんだ。松江市出身で地元の短期大学に進学。2年間のアメリカ留学を経て就職先を探している時に、大学の就職情報コーナーにあった本誌を見て同社を志望した。「英語を活かせる仕事はホテルのフロントや通訳などのイメージしかなく、地元にある企業の中に海外の企業と取引をして活躍している会社があると知って、『ここしかない』と思いました」。

 書類の翻訳や海外からの来客の通訳などを担当している。「専門用語が多く、自分の訳し方によっては意味が変わってしまうので、自分で単語リストを作ったり、先輩の翻訳を見て真似たり」して英語の能力を高めている。

続きを読む

 同社には、東京と名古屋に営業拠点があり、技術系の知識を有する社員が大都会の名だたる企業相手に営業の仕事をすることで、取引先企業の考えや立場を理解し、技術系の部署に戻ってからもお客様目線を意識して仕事に取り組めるというメリットがあるという。島根の端っこから世界、そして宇宙に羽ばたくキグチテクニクスから目が離せない。

記事をたたむ

木本さんは「毎日、英語の仕事ができるのがうれしい。英語だけでなく、専門的な知識も身に付けられる」と目を輝かせる

女性スタッフの多い品質管理課。専門用語などは先輩の訳し方を参考に、間違いのないよう翻訳する。「皆さん、いつでも気軽に相談に乗ってくださいます」と木本さん

21
株式会社 キグチテクニクス
業種
製造業、検査業
事業
内容
試験片の切り出し、加工から試験まで
創 業 昭和36(1961)年11月1日
代表者 代表取締役 木口 重樹
社員数 194名(男160名 女34名)
〒692-0057
島根県安来市恵乃島町114-15
TEL/0854-22-2619
関東事業所
中部事業所

求める人材像

飛行機、車、機械いじりが大好きな方

浅くても、幅広い知識を持っている方(材料、機械、電機、プログラミング)

提案力があり独創性豊かな方

お客様の立場でものを考えられる方

諦めない姿勢とこだわりを持ち、粘り強く取り組める方

簡単に「できません」といわず、明るく、色々な提案ができる方

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL