株式会社 ミヨシ産業

笑顔とチャレンジ精神で新しい住環境の創造をめざす

工務店支援を主軸に時代の先を読む事業展開で住宅産業の成長に貢献

 住宅関連企業といえば、私たちはまずハウスメーカーや工務店を思い浮かべる。建築資材(以下、建材)を卸す会社の名前を聞いても、すぐにはピンと来ないだろう。しかし、地域の施工会社や工務店などの業界内で、ミヨシ産業の名は広く知られ、確かな存在感を放っている。鳥取・島根の住宅関連企業・工務店との取引実績は数知れず。多くの住宅や建物を造る工程のどこかで、ミヨシ産業の供給する資材や情報サービスが使われている。

 《株式会社ミヨシ産業》は、昭和42年、鳥取県米子市に設立。住宅の構造材や外壁材、住宅設備と、建材全般を扱う卸売業で基盤をつくり、住まいづくりの総合商社として成長している会社だ。平成のバブル崩壊やその後のリーマンショックなど、住宅産業はその時々の経済の影響を受けやすい。

しかし、その中でミヨシ産業は、メーカーから建材を仕入れて売るだけにとどまらず、取引先の工務店支援を事業の主軸に、建材の自社加工、新技術・工法の提案など、時代の先を読みながら事業領域を拡大し、着実に業績を伸ばしてきた。平成7年には、自社で木材プレカット工場を構え、全自動CAD/CAМプレカットラインにより、高精度・高品質な構造材の生産を実現。建築現場の職人不足解消、省力化、ローコスト化、工期の短縮に貢献した。さらに平成30年、外壁材を事前に工場で加工する《サイディングプレカット》を新設し、現場作業の効率化と生産性向上に繋げている。同時に住宅密集地で起こりうる騒音問題、廃材トラブルを解消することができ、施主や工務店に喜ばれている。

そのほか、中四国地方初の3Dバーチャル住宅展示場の導入など、常に時代の先を読みながら、失敗を恐れずしなやかに事業を展開する姿勢は、創業の頃から普遍だ。「すべてはお客様である地域の建築会社様・工務店様をご支援する活動です。縁の下の力持ちという当社のポジションは、これからも変わりません。新しい事業に投資して、自分たちがどれだけ儲かるか?という、目先の計算は一切しません。施工しやすい環境づくりなど、お客様が抱える悩みを解決するお手伝いができるのは、私たちの企業活動の誇り。長い視野に立ち、住宅産業で地域の活性化を図ることで、いつか巡り巡って当社に利益が出れば…と考えています」と、谷野利宏社長は語る。

「トップダウン方式の舵取りは性に合わない。社内で何か取り組みを始める時は、自分でまずとことん調べ、良いと実感できたことだけを社員に提案し、みんなで検討してから」と、話す谷野利宏社長

住宅への興味が入口 目的に向け主体的に行動

 現在、社員数は175名。昨年は5名の新卒社員を迎え入れた。谷野社長の採用基準は“一緒に働いたら楽しそうと感じられること。事実、ミヨシ産業の社員は、新しい事業に前向きに取り組み、失敗を乗り越え次に生かす人が多い。また、目的を達成しても満足せず、改善に向け探求心に燃えるのだ。この活力の秘密は人材教育にある。「たとえ入社動機は漠然としたものであっても、3カ月の新入社員研修で、住宅業界や会社の業務を徹底的に学ぶので、関わりたい部門や仕事と出会えます。また、社内には様々な職種があり、働く中でやりたい職種にチャレンジできます」と谷野社長。社員たちは仕事全体の流れを把握しながら、いきいきと主体的に仕事に取り組んでいる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ミヨシ産業の働き方

建材の配送経験が
営業に
大きく役立った

田中 裕一さん
第一営業部 取締役営業部長(23年目)

入社後は新見営業所の配送を2年間担当。毎日、本社から2t車に建材を積載し、通勤しました。現場でサッシ組み立てなど、職人さんの補助から学んだ経験が、その後20年の営業に大きく役立っています。

モットーは”楽しく仕事をして
結果を残す”

西村 聡拓さん
[営業職]第二営業部 係長(7年目)

面接で“ミヨシ産業の看板になりたい”と宣言し、日々、願い続けて行動しています。ただ、これまでは、お客様に自分が指名されるのが目標でしたが、4名の部下ができた今は、部員全員でミヨシ産業を指名されるのが目標です。

各部で初の女性営業マンとして
活躍中

梅田 佳甫さん[営業職]不動産部(3年目)
秋田 育子さん[営業職]第一営業部(6年目)

不動産営業は一般の方がお客様。幅広い知識を身に付け、今は新人で上司に見守られていますが、1年後の独り立ちが目標。(梅田)
入社以来営業職を目指し、昨年補助業務から営業へ。顧客管理に責任を持ち、真摯な姿勢でがんばりたい。(秋田)

同期で切磋琢磨し、
設計技術を磨く

貝田 莉菜さん[CAD職]プレカット事業部(3年目)
門城 月穂さん[設計職]総合支援部(3年目)

入社時はまだやりたいことが見つけられなかったが、総合支援部で木造住宅の設計と出会い、楽しい毎日です。(門城)
お客様の図面をもとにCADにプレカット加工用データを入力。常に新しいことを学ぶ実感があります。(貝田)

和気あいあいでも
「報・連・相」は
しっかり

徳岡 貴子さん[事務職]業務部(7年目)
吉岡 麻衣子さん[事務職]業務部(7年目)

面接官が谷野会長でした。滲み出る人柄の良さに入社を決意。社員の福利厚生面の配慮がうれしいです。今は宅建主任取得に挑戦中です。(徳岡)
仕事を通し、私の得意分野を会社や周りも気づいてくれ、自信につながります。(吉岡)

社内で初めて時短勤務制度を
利用しています

中原 愛子さん
[事務職]総合支援部(8年目)

社内では過去5年間、育休・産休取得の女性社員が8名いて、みんな復帰して活躍中。私は、育休明けから1年間、社内で初めて時短勤務を利用しています。身体と心の負担も減り、仕事へのモチベーションが一層高まりました。

工程通り住宅が完成した時の
達成感は格別

村尾 太一さん
[施工管理職]住宅工事部/二級建築士(6年目)

大学の建築科から新卒入社。建築士資格を取り、取引先建築会社の新築住宅を中心に、年間10棟以上の現場管理を行います。図面通り工程通りを念頭に、無事お客様に引き渡せた時の達成感は格別です。

目標は3t中型免許取得と
後輩の育成

青木 勇輔さん
[配送職]流通課(8年目)

就活時の会社見学で、倉庫内の活気に満ちた様子に憧れて入社。勤務時間は7:40~17:30で、米子・安来・境港・大山町エリアを担当しています。今は準中型免許で2tロングを運転。3t車に乗れる中型免許取得が目標です。

社内リモートワーク整備
推進中

横山 剛之さん
[SE職]業務部(6年目)

会社のIТ戦略と社内システム管理を担当。妻の出産を機に、上司の発案で3週間のリモートワークを実践。問題点や課題をクリアーにし、今後の社員の産休・育休取得時の選択肢に活かしたいです。

厳しい環境にあっても創意工夫で一歩一歩前へ

 令和2年6月、かねてから工事を進めていた広島営業所が完成し、移転新築オープン。社屋建設に際しては、森林保全の見地からヨーロッパで開発されたCLТ工法を採用した。CLТとは、クロス・ラミネイティド・ティンバーの頭文字を取ったもので、木材の繊維が直交するよう交互に張り合わせ、厚型の集成材に加工する。構造材に用いることで断熱性や耐震性に優れ、国産の豊富なスギ材を有効活用できることから、平成26年、国土交通省と林野庁が取り組みを推進した。かねてからミヨシ産業はCLТ工法の研究を重ね、営業所建築に採用した。新社屋はCLТ工法のショールーム機能も備えており、谷野社長と4名の所員は、コロナ禍の向かい風の中、これを起爆剤に広島市場に食い込んでいく考えだ。

令和2年6月、広島西風新都IC近くに移転新築オープンした広島営業所。内部はCLT工法の梁のあらわしなど、ショールームとしてPRの場に

 ミヨシ産業の特色は、本業を極める一方、住宅産業界全体の成長を願い、外部団体での取り組みに積極的に関わっていることにある。谷野社長は、全国住宅産業地域活性化協議会の理事兼中四国ブロック長を担い、令和元年には木造軸組工法に携わる大工担い手育成事業に初参加した。

また、住まいづくりのコミュニティースペースとして平成27年、本社となりに開設した《じゅうmado米子》は、年々消費者の関心を集め、地域工務店の市場開拓に大きく貢献している。また、同協議会の取り組みで、アイテム数が増大する一方の商材管理を、これまでのアナログ管理からQRコード導入へと踏み切った。

さらに、谷野社長が代表理事を務める《とっとり健康・省エネ住宅推進協議会》の活動が、大学医師や省エネ建築関係者の協力で健康効果が裏打ちされたのを機に、鳥取県から正式に「とっとり健康省エネ住宅普及促進事業」の業務を委託された。「こうした活動は、すべて社員と情報共有しています。まず本業が安定してこそできる取り組みです」と谷野社長。「建材商社としては後発組の当社だからこそ、新しい取り組みにチャレンジしやすい風土がある」と谷野社長は笑うが、その後発組の会社が、今や地域の住宅産業界を支えているどころか、牽引しているのは、間違いない。

ミヨシ産業が事務局を務める、建築業界有志の《ケンチク女子会》

地域に根差した安心で優良な住まいづくりを目指している《山陰すてきな家づくりの会》。国土交通省の大工技能者などの担い手確保・育成を図る事業にも取り組んでいる

県内の医療施設に寄贈したPCRドライブスルー検査ユニット

31
株式会社 ミヨシ産業
業種
建築資材卸売業
事業
内容
建築資材の卸売り及び施工、木材プレカット、建築設計・監理・請負、太陽光発電、不動産売買
創 業 昭和42(1967)年7月1日
代表者 代表取締役会長 谷野 豊
代表取締役社長 谷野 利宏
社員数 175名(男性131名 女性44名)
※令和2年6月20日現在
(役員・嘱託・パート含む)
〒683-0853
鳥取県米子市両三柳2360-8
TEL/0859-34-3111
プレカット事業部
工事部
アルミ建材事業部
鳥取営業所
松江支店
新見営業所
広島営業所

求める人材像

元気と明るさをエネルギーに変えて仕事に取り組む人

与えられた業務や課題を受け身でこなすのではなく、自分なりの視点や問題意識をもって取り組む人

何もないゼロ地点から、何か新しいものを生み出してみたいと考えている人

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL