山陰中央テレビジョン放送 株式会社

テレビの枠を超えた無限の可能性に挑戦

テレビの枠を超えた無限の可能性に挑戦(山陰中央テレビジョン放送 株式会社)

緑豊かで魅力的なオフィスからイノベーションを引き起こす

 フジテレビ系列のローカル局として、ニュース、情報番組の制作・放送、イベントの企画運営などで地域を盛り上げる《山陰中央テレビジョン放送株式会社》。島根県初の民間テレビ局として1970年に開局、山陰の発展に貢献してきた。

 会社のブラッシュアップに不可欠なのが、社員一人一人のオリジナリティーあふれる創造力。ユニークなアイデアが、活発な意見交換を経て磨き上げられていく環境を作ろうと、同社は今春、本社2階フロアを大胆にリニューアルした。緑あふれるフロアには、色や質感が多彩な椅子を備えたカフェ的ミーティングスペースが広がり、窓際には夜景を望めるおしゃれなバーカウンターのようなコーナーや自由にくつろげるハンギングチェアも。健康に留意した軽食や終業後に飲めるアルコールなども常備し、社員は低価格で自由に購入できる。職場という概念を覆した柔軟性あふれるオフィスだ。

 田部長右衛門社長(42)は、「リアルな空間からはリアルなものしか生まれません。我々が創っているのは非現実。イノベーションを起こせる環境づくりは非常に大切なのです。今後、リラックス効果の高い炎や水のせせらぎを感じられるスペースを作る構想もあります」と話す。フリーアドレス制を導入したことで、部署や役職に関係ない偶発的な出会いも創出した。「コミュニケーションが活性化した影響か、コンペの勝率が驚くほど上がりました」。

続きを読む

 コロナ禍で地域が疲弊する中、地元テレビ局だからこそできる役割を再考。2021年9月には、オンラインショップを新たに立ち上げ、地元の特産品を中心に、全国各地の名産品をお取り寄せできるシステムを整えた。「地域に埋もれている良いものを発掘し、高い価値に応じて高い値段で売っていきたい。地元放送局としての知名度やネットワークを活かして、地域の名産品を広く流通させる―それが地域経済の活性化につながるはず」。

 フロアリニューアルを機に田部社長は、社員一人一人に観葉植物の鉢植えを配った。「アイデアの種は、一人一人の頭の中にある。種を抽出して芽が出たら、水をかけて育ててほしい。うまくいかずに枯れてしまえば、次は枯れないよう工夫すればいい。テレビ局は活力がなきゃ。失敗は恐れなくていい。遠慮なく挑戦してほしい」。

記事をたたむ

事業部
勝部 友香さん(25)

リアルイベントの魅力を発信したい

 友人の依頼でイベントに関わったのを機に大学2年から当社でアルバイトを始め、情報番組《ヤッホー!》では、タイムキーパーも経験。生放送での緊張感やスタッフ全員で番組を創り上げる達成感を得て、テレビ局の仕事に興味を覚えました。
 現在の部署では、現場スケジュール、収支管理などを主担当として初めて行ったイベントが、コロナ禍で中止に。しかし、リアルイベントには、画面越しでは得られない魅力があります。社長は、奇抜なことや目新しいことにもGOサインを出してくれそうなので、マネタイズをしっかりして面白い企画を考えたいです。

営業戦略部
羽根田 隼さん(32)

想いを届け、地域にムーブメントを起こす

  5年間の東京支社時代では、大手化粧品メーカーが当社のイベントに出店してくれたことが印象に残っています。美肌県グランプリで島根が注目された好機も活かし、約半年間通って提案したり、相談を受けたりしました。幅広い部署の人と接したことで、情報を伝えるコツを体感しました。
 経営者的視点も学べる今の部署では、限られた放送時間内で、いかに効果的にCMを流せるか、と日々考えています。CMは、スポンサーが視聴者に想いを伝える手段。うまく伝えて、顧客の売り上げを伸ばせば、新たな事業展開も考えられます。地域にムーブメントを起こせる仕事です。

報道部
茂富 楓さん(23)

人々の想いや情報を引き出し、届けられる存在に

 CM映像やWEBデザインなどを学んだ、芸術大学での経験を活かせる仕事を地元で探していた時に、TSKを知りました。多様な業務に関わりながら、動画の制作もでき、放送までの流れを知ることができることも魅力でした。
 川への転落事故が発生した時には、一日中取材して原稿を書いたものの、放送直前に状況が変わり、再度現場に向かってリポートしたことも。視聴者に伝えるために、時には辛い話もきちんと取材する大切さを痛感しました。一つとして同じ現場はなく、すべてが勉強。まずは知識や経験を積み、相手の気持ちをつかんで、想いや情報をもっと引き出せるような記者を目指したいです。

01
山陰中央テレビジョン放送 株式会社
業種
民間放送業
事業
内容
テレビ放送に関する営業・編成・放送運行・報道・番組制作、イベントの企画・運営など
創 業 昭和45(1970)年4月1日
代表者 代表取締役社長 田部 長右衛門
社員数 115名(男78名 女37名)
〒690-8666
島根県松江市向島町140-1
TEL/0852-20-8888
東京支社 大阪支社
広島支社 西部支社
出雲支社 米子支社
鳥取支社 
〔TSKグループ〕
株式会社ミック
株式会社テクノプロジェクト
ティーエスケイ情報システム株式会社
株式会社レテック
株式会社TSKエンタープライズ
株式会社TSKネクスト
株式会社山広

求める人材像

全般/「どんな人とも明るく元気にコミュニケーションが取れる人」、「いろんなことに興味を持ち挑戦意欲のある人」、そして、なんと言っても「テレビの好きな人」を求めています。

技術系/テレビ局というと番組制作や報道のイメージが強いですが、実は技術系が活躍する場も沢山あります。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL