社会医療法人 仁厚会/社会福祉法人 敬仁会

「主役はいつも患者さん」 地域に根差した医療と福祉を提供

地域に求められるサービスの追求とともに成長を続ける

 「主役はいつも患者さん」を行動規範として、常に患者と利用者の目線に立って学ぶ姿勢を忘れず、地域に求められる医療と福祉を提供し続けるグループ、《社会医療法人 仁厚会》《社会福祉法人 敬仁会》。このグループを率いる藤井一博理事長は「患者さんとご利用者へサービスを提供する上で、人材こそが最も大切な資源」と、職員一人ひとりが笑顔で生きがいを持って働ける職場づくりに尽力する。

 仁厚会は、藤井理事長の祖父、藤井政雄氏が鳥取県中部地域に精神科の病院がなかったことを危惧し、昭和31年に民間病院として《倉吉病院》を設立したのが始まりだ。昭和33年には「鳥取県から“浮浪者をなくそう”」との願いから敬仁会を設立し、心身に障がいのある人たちを受け入れる施設として救護施設《敬仁会館》を開設した。この病院や施設の設立に至る考え方、そして、それに関わった人々の想いは今もなお同グループの偉大なる財産として受け継がれている。


続きを読む

 県中部唯一の精神科病院としての使命を果たす中、高齢化した患者に認知症の治療や介護が要請されるようになったことから、昭和58年には民間として鳥取県下第一号となる特別養護老人ホーム《ル・ソラリオン》を開設。次いで、病院や施設利用者の利便性を考慮し、同じ敷地内に歯科部と内科病棟を開設した。そして、高齢者の終末期医療などの経験から平成15年には山陰地方初のホスピス(緩和ケア病棟)を備えた。

 グループ規模の拡大と並行して、最も大切な資源である職員数も拡大。様々な生活スタイルの中で働く職員が増えた。子育てしながら働く職員のためにグループが運営する保育所《ババール園》では、生後2カ月から就学前までの子どもを預かり、休日保育や障がい児保育、病児保育事業も手掛ける。現在ではグループだけでなく、中部地域全体の子育てに大きく貢献している。

 平成19年には東京都葛飾区に介護老人福祉施設《ル・ソラリオン葛飾》を開設。次いで足立区内に高齢者施設を2か所開設した。現在は、仁厚会として10施設、敬仁会として16施設と大規模に事業を展開する。藤井理事長は「地域に求められるサービスと働く職員の皆さんに必要な施設を手掛けていった結果」と話す。

記事をたたむ

《社会医療法人 仁厚会》
《社会福祉法人 敬仁会》
グループの理事長 藤井 一博 氏

手厚いサポートで心豊かに働ける職場

 職員の心の充実や豊かな生活を応援するための福利厚生も手厚い。日帰り・海外を含む約10コースから選択可能な職員旅行は職員の楽しみとなっている。法人補助があるので費用面でも職員にやさしい。また、毎年10月にはグループ全体の大運動会を開催。各事業所の職員がスポーツを通じて交流を深めている。その他、互助会主催の親睦会を年数回行っており、趣向を凝らしたイベントが多い。

 地域に密着した同グループならではの福利厚生“地元企業の優待サービス”は、住まいから日用品、冠婚葬祭まで幅広く職員割引が受けられる。職員からは「生活圏内で利用できて便利」と喜ばれている。

続きを読む

 スキルアップの為、各種研修への参加を奨励すると共に、グループ独自で《医療福祉学会》を毎年開催。医療や介護などそれぞれの現場で気づいたことや疑問を掘り起こして研究発表する場も設けている。自分の考えをまとめて大勢の前で発表する体験は職員にとって大きな刺激となり、働く意欲の向上にもつながっているという。

 また、毎年開催している《ふれあいはあとまつり》には約3000名の来場があり、職員や利用者が屋台などを出して盛り上げ、地域からたくさんの人が訪れて同グループへの理解を深めている。

記事をたたむ

さまざまなステージイベントや屋台などで盛り上がる《ふれあいはあとまつり》(社会医療法人 仁厚会/社会福祉法人 敬仁会)

さまざまなステージイベントや屋台などで盛り上がる《ふれあいはあとまつり》。たくさんの地域の人々が参加する

[高齢者福祉]
心に希望の灯りをともす丁寧で誠実な対応

 鳥取県と東京都で多くの高齢者福祉施設を運営する同グループは、利用者が安心して自分らしく生活できるための支援を行っている。

介護老人保健施設《ル・サンテリオン北条》の施設長、青亀千弘さん。倉吉病院や救護施設、介護老人福祉施設などで勤務した経歴をもつ。救護施設の勤務時代は、障がいのある人が障がいのない人と同等に生活し、いきいきと活動できる社会を目指す〝ノーマライゼーション〟という考え方が強調され始めた頃だった。利用者宅を訪問し、疎遠になりがちな利用者と家族の「絆の再構築」に取り組んだ。何十年ぶりに家族と再会された方、自宅に一時帰宅できた方から大変感謝されたという。青亀さんは「職員が一体となってご利用者のために動いた体験は自分の財産になった」と振り返る。

 また、ル・サンテリオン北条では、ふさぎ込んでいた利用者が職員や他の利用者との関わりから身体機能を徐々に回復していく様子を目の当たりにすることもあった。「介護とは心が動く現場」という想いを強くしたという。「『自分がしてもらいたい』と思えるような介護を目指します」と語る。

明るい笑顔で利用者の心に希望の灯りをともす
丁寧に誠実に対応
1日に1回は各現場へ足を運び、「辛そうな職員はいないか」と見て回る青亀施設長。「職員の働きやすい職場づくりを進めることが私の仕事」
レクリエーションを兼ねて体を動かす
クイズで楽しく脳トレ
previous arrow
next arrow
 
明るい笑顔で利用者の心に希望の灯りをともす
丁寧に誠実に対応
1日に1回は各現場へ足を運び、「辛そうな職員はいないか」と見て回る青亀施設長。「職員の働きやすい職場づくりを進めることが私の仕事」
レクリエーションを兼ねて体を動かす
クイズで楽しく脳トレ
previous arrow
next arrow

利用者の視点に立ったサービスを提供する

 母親が介護の仕事をしていて、小中学校時代から近くの福祉施設と交流する機会も多く、「自然と福祉の分野に興味を持ちました」と話すのは、介護老人福祉施設《ル・ソラリオン》のケアワーカー、西村愛理さん。鳥取短期大学で幼児教育を学び、「働きながら高齢者や障がい者福祉の知識も身に付けたい」と敬仁会に入職した。

 ケアワーカーとして利用者の食事や排泄、入浴など生活介助を行いながら、3年目には介護福祉士国家試験に合格した。働きながらの資格取得に苦労もあったが「講義や研修の内容を、現場で実践して『こういうことか』と納得しながら習得できた。分からないことも、職場の先輩方にすぐに聞けて教えてもらえたので良かった」と周りのサポートに感謝する。「認知症の症状は一人ひとり異なります。なぜそのような症状が出るのか、それぞれの背景にあるものを考えながら、ご利用者の視点に立った対応を心がけていきたい」と語る。

職場の仲間と情報共有しながら利用者の目線に立った対応を心掛ける西村さん

 湯梨浜町で生まれ育ち、高校を卒業して就職した介護老人保健施設《ル・サンテリオン北条》の山下佳織さんも、小中学校時代から近所の高齢者宅や高齢者施設を訪れるなど、ボランティアを通じて福祉の世界に興味を持った。就職して2年。実際に働いて「ご利用者と会話したり、コミュニケーションを取ったりしている時が一番楽しい。頼りにしてもらえているんだなと実感できます」と笑顔を見せる。

 「まだまだ経験不足ですが、困ったり分からないことがあったら先輩方がすぐにサポートしてくださる」と和やかな職場の雰囲気を語ってくれた。現在、介護福祉士の資格取得に向けて勉強中で、「早く資格を取って一人前に働けるようになりたい」と意気込む。

「毎日楽しい!」と仕事に励む山下さん。介護福祉士の資格取得に向けて勉強中で「資格取得の費用をサポートしてもらえるのはとても助かります」と話す

ご飯は元気の源!食事作りで健康をサポート

 患者や利用者の体調をサポートする重要な役割を担っているのが、毎日の食事を作る厨房だ。鳥取短期大学食物栄養専攻を卒業後に就職した松本龍之介さんは、《栄養ケアセンター よどえ厨房》で《ル・サンテリオンよどえ》など3施設の患者と利用者の食事を作っている。その人の状態に合わせて常食、刻み食、塩分制限食など多種類の食事を計250~300人分用意する。松本さんは「自分で味を確かめて『おいしい』と思えるものを提供し、見た目から食欲がわくように盛り付けにも気を付けています」と話す。

 「口からものを食べることは、体力の回復や体調の改善につながります。食事作りを通して患者さんやご利用者の健康を気遣えるやりがいのある仕事です」。今後、管理栄養士の資格試験を受ける予定で、「調理の現場を経験することは、食べる人の栄養面だけでなく、調理する人たちの作業量などにも配慮できる管理栄養士になるために必要なことだと思っています。幅広い年齢の人々が和気あいあいと仕事ができる楽しくてやりがいのある職場です。ぜひ一緒に働きましょう」と呼びかける。

「よい管理栄養士になるために調理の現場で勉強中です」と語る松本さん
広く清潔な厨房
患者や利用者の体調を気遣いながら、毎日の食事を用意
previous arrow
next arrow
 
「よい管理栄養士になるために調理の現場で勉強中です」と語る松本さん
広く清潔な厨房
患者や利用者の体調を気遣いながら、毎日の食事を用意
previous arrow
next arrow
《面前調理》のために専用コスチュームも用意
現場職員のアイデアから実施している厨房調理員による《面前調理》。その季節や料理にあわせた衣装で目の前で調理することで利用者は普段より食欲が増して笑顔が増えたという。
グループ間で連携した行事を催し喜びを広げる
利用者に楽しんでもらいたいと、お正月の餅つきやお茶会など季節ごとに様々な行事を催している。さらに、同法人の保育所《ババール園》の園児たちが、練習したダンスを発表したり、手遊びや苗植えを一緒にしたりと、グループ間で連携した取り組みも行っている。

[障がい者福祉]
人を大切にしその存在を敬う仕事

 障がい者福祉では、入所と在宅、グループホーム、宿泊型自立訓練事業所を運営し、 “生涯を通して寄り添う支援”を念頭に利用者支援を行っている。就労支援事業では、製麺や野菜の栽培、清掃、陶芸、内職から利用者が自分に合った作業を選ぶこともできる。

 障がい者支援施設《敬仁会館》の係長を務める西村恵美さんは、「敬仁会館のいいところは、職員にいろいろな学びの機会がたくさん与えられるところです。学んだことを現場で生かして自分に力が付いたことを確認できるので、職員が『楽しい』と言って仕事している姿が見られるのはうれしい」とほほ笑む。普段から職員間や部署間のコミュニケーションを取るように心がけ、スムーズに連携できる体制を整えている。

 「敬仁会館では障がいのある方が地域で働き、生活を支援する体制があります。これからも一人ひとりが持つスキルを持ち寄ってお互いに高め合い、ご利用者や地域のニーズに合わせたサービスを提供していきたいです。そして、健康な人も認知症の人も障がいのある人も、様々な人が『共に生き、共に働く』社会の実現に貢献していきたい」と語る。

利用者と一緒に作業したり活動したりしながら“共に生き、共に働く”社会を実践している西村さん。「得た知識を現場で生かしながら成長していける職場です」と話す

 敬仁会館の在宅部門の支援員、礒邊拓也さんは鳥取市青谷町出身。大阪体育大学で福祉とスポーツを学び、2013年に入職した。「幼い頃から剣道を通じて相手を大切にする精神を身に付けました。その心構えを生かせる職場を求めて敬仁会に入りました。」と話す。入職後に介護福祉士を取得した他、全日本自閉症支援者協会が主催する《発達障害支援スーパーバイザー養成研修》にも参加。大阪府や石川県などの施設を回り、自閉症の方への最先端の支援方法を学び、専門性を高める自己研鑽を積んでいる。「グループ内には障がい者福祉だけでなく、医療や介護、保育があるので多岐にわたる知識に触れる機会があります。また、社内イベントで他施設のみんなと交流もあるので、何か困りごとがあっても気軽に相談できます」という。

 「ご利用者の中には自分の気持ちをうまく表現できない方もおられます。表情を見ながら想いに寄り添うようにしています。ご利用者の笑顔が見られるのが一番のやりがいです」と話し、「この施設から、地域全体の障がい者福祉の底上げが図れるよう、チームで連携して知識を高めていきたい」と抱負を語る。

「人を大切にして、その人の存在を敬える仕事ができていると感じています」と語る礒邊さん

施設内には芝生の庭があり、利用者たちがグランドゴルフなどで体を動かす。その練習した成果を湯梨浜町にて開催の大会《あずさカップ》で発揮
就労支援事業の一つとして法人内にはパン工房の運営もしている
previous arrow
next arrow
 
施設内には芝生の庭があり、利用者たちがグランドゴルフなどで体を動かす。その練習した成果を湯梨浜町にて開催の大会《あずさカップ》で発揮
就労支援事業の一つとして法人内にはパン工房の運営もしている
previous arrow
next arrow

[看護]
患者に寄り添い、看護の本質を学ぶ

 鳥取県中部地域で唯一、精神科の入院設備があり、救急対応も行う《倉吉病院》。看護部長を務める宮脇映子さんは勤務を始めた当初、精神科での看護経験がなかったため「少し苦手なイメージを持っていた」と話す。同じ院内の内科病棟でも勤務したが、精神科の入院患者と接するうちに、「患者さんのやさしさや気遣いに癒されているのに気付き、精神科の看護が好きになりました」と話す。

 一般病棟とは違い、長期的な関わりが重要な精神科では、患者と信頼関係を築きやすいという。「自分が良い関わりができるほど、健やかになっていかれる姿が目に見えるのも大きなやりがいです」と穏やかだ。女性の多い職場だが、「一般病棟と比べて残業が少なく、時短勤務も可能です。近くに保育園もあり、子育てしながら働きやすい環境です」という。

 うつ病や適応障害など〝こころの病〟で精神科を訪れる人が増えてきているが、「まだ認知度は低い。気軽に受診できる病院づくりを進めていきたい」。地域の公民館での出前講座や、鳥取県立倉吉未来中心で相談コーナーを開いたりと、理解を深める活動にも精力的に取り組む。

実習で訪れた学生たちに「患者さんの一番近くで寄り添える精神科は、看護の基本に立ち返れる場所」と伝えている宮脇看護部長

 藤井政雄記念病院で看護師として働く井﨑かほるさん。以前は同グループの地域ケアセンター《マグノリア》のケアワーカーとして働いていたが、「ご利用者の体調が急変した時に何もできない自分にもどかしさを感じ、医療的な知識や技術を身に付けたい」と看護師を志した。

 介護の現場も人手が十分ではなかったが、当時の上司に相談すると「あなたの夢を応援したい。資格を取りたいと思った時に挑戦して」と背中を押してくれたといい「その言葉が本当にありがたくて。同僚の皆さんも応援メッセージの寄せ書きと一緒に温かく送り出してくれました」と笑顔で振り返る。

 看護学校の実習で訪れた同病院の《訪問看護リハビリステーションくらよし》に惹かれ、就職先に選んだ。「自宅という生活の場でその方の状態に合わせた看護が印象的で」と微笑む。現在は訪問看護の経験を活かし、患者に寄り添った病棟での看護業務を行っている。

 「介護と看護では全く視点が異なる。看護師としての先を見据えた視点や技術向上の必要性を痛感しています。一歩一歩自分にできることをしながら、先輩方のような信頼される看護師になれるよう学んでいきたい」とやる気を見せる。

ケアワーカーを経て看護師の夢を叶えた井﨑さん。「以前の同僚の皆さんと連携が取れるのはうれしい」とほほ笑む

鳥取県中部地域唯一の精神科救急対応の病院として質の高い医療を提供
入院患者の方々の作品
和気あいあいとした職場
業務内容をしっかり確認
利用者の状態をお互いに把握
「アットホームで相談しやすい雰囲気があります」と井﨑さん
previous arrow
next arrow
 
鳥取県中部地域唯一の精神科救急対応の病院として質の高い医療を提供
入院患者の方々の作品
和気あいあいとした職場
業務内容をしっかり確認
利用者の状態をお互いに把握
「アットホームで相談しやすい雰囲気があります」と井﨑さん
previous arrow
next arrow

[保育]
自らを高め子どもの成長を見守る

 倉吉病院職員の子どもを預かるために始めた託児所が、現在の保育所《ババール園》である。また、倉吉市から保育所《上井保育園》の指定管理も受けている。現在グループで5園の保育所を運営しており、高齢者・障がい者福祉と併せ、児童福祉にも力を入れている。平成27年に開設した保育所《あやせババール園》はル・ソラリオン綾瀬に併設する介護と保育の複合施設となっているのもそのあらわれといえる。

 16年前に保育士として入職し、現在、上井保育園の園長を務める吉岡麻弓さんは「法人理念を基本とし、保育士たちの特色も生かしながら、保護者の皆さまに安心してもらえる保育を実践しています」と話す。

 他の保育園での勤務経験もある吉岡さんは「このグループは福利厚生が充実しています」と太鼓判を押す。「専門研修や、マネジメント研修など学ぶ機会も多く設け、職員がスキルアップしたい気持ちを応援しています」と語る。定期的な面接や声掛けを行い、経験年数に関係なく意見が言い合えるようワークショップを催すなど、さまざまな工夫を凝らす。

 「次世代を担う子どもたちを育てるには、まず私たち保育士が元気であり、保育の基本を実践することが大事。保育は人なり。子どもたちの成長を日々見守れる保育士の仕事を広く知ってもらいたい」と話す。

38歳の時に臨時職員として入職した吉岡園長。保育士は「子供達の成長を見守ることができる仕事です」と微笑む

 ババール園が実践する「子どもの力を最大限に伸ばす保育」に魅力を感じて入職を決めたのは保育士の家髙恵里さん。専門学校卒業後に入職し、現在10年目となった。途中、2回の育児休暇を取得し2人の子どもを同じ園に預けながら年長児クラスを担当する。

 「子どもたちがかわいくて、笑顔で応えてくれるのもうれしい。成長を間近で感じられる保育士の仕事は本当に楽しい」と満面の笑みを見せる。

 同じグループの介護施設に出向いて、高齢者の前で園児がダンスや歌を披露したり、一緒に陶芸体験したりと連携も図っており、「子どもたちも多様な経験ができている」と好影響を実感する。

 家髙さんがいきいきと働く姿を見て、公立保育園で働いていた友人が「私も働きたい」とババール園へ転職。今も一緒に働いており、「人間関係がいいのが一番。意見も出しやすく相談もしやすいです。笑顔を忘れずに憧れの先生に近づいていきたい」とほほ笑む。

保育園児の時からの夢をかなえて保育士になった家髙さん

秋晴れの空のもと、園庭でお昼ご飯を食べる子どもたち。3〜5歳児が一緒に食事を楽しむ
手作りにこだわり、園内で調理員が毎日食事を提供している
安全な保育のための指導に取り組む
自分の子どもと同じ園で働ける環境に「子育てしながら働きやすい」という保育士も多い
previous arrow
next arrow
 
秋晴れの空のもと、園庭でお昼ご飯を食べる子どもたち。3〜5歳児が一緒に食事を楽しむ
手作りにこだわり、園内で調理員が毎日食事を提供している
安全な保育のための指導に取り組む
自分の子どもと同じ園で働ける環境に「子育てしながら働きやすい」という保育士も多い
previous arrow
next arrow

連携を強めコロナ禍に立ち向かう

 新型コロナウイルスという未曾有の災禍にグループ内でも対応に追われた。例年実施していた行事は全て中止、会議や研修もオンライン化が加速した。そんな我慢も多い日々でも、職員たちが楽しんで働けるよう、施設内でのエアロビ教室やおもしろ動画コンテストなどの企画を実施した。そして、感染症対策では医療・福祉に携わる者として絶対にウイルスを持ち込まないために「持ち込まない・持ち込ませない・利用者を守る」を法人方針とし、職員一丸となって励んでいる。

 「変動の時代を生き抜くキーワードは『連携』だと思います。施設や法人、地域社会との連携を強く太くしていき、職員と地域の皆さまがこれからも安心して暮らせるよう、迅速に時代の波をとらえていきたい」と藤井理事長。目指すは医療・福祉のトップランナー。「誰かの役に立っている」と実感し、自分の適性や可能性を引き出せる職場がここにある。

エアロビで心身ともにリフレッシュ(社会医療法人 仁厚会/社会福祉法人 敬仁会)
エアロビで心身ともにリフレッシュ
病院の外来受付には飛沫遮断用板を設置
10
社会医療法人 仁厚会/社会福祉法人 敬仁会
業種
医療・福祉
事業
内容
病院、高齢者施設、障がい者施設、保育所の運営
創 業
〔仁厚会〕昭和30(1955)年11月1日
〔敬仁会〕昭和33(1958)年6月6日
代表者
 理事長 藤井 一博
社員数
〔仁厚会〕1048名(男314名 女734名)
〔敬仁会〕1237名(男386名 女851名)
〒682-0023
鳥取県倉吉市山根43
TEL /〔仁厚会〕0858-26-1012
TEL /〔敬仁会〕0858-26-3864
〔倉吉市〕
病院 医療福祉センター倉吉病院、藤井政雄記念病院
高齢 介護老人福祉施設ル・ソラリオン、他3施設
障がい 在宅医療福祉センター、他1施設
保育 ババール園、倉吉市立上井保育園(指定管理)

〔湯梨浜町〕
高齢 介護老人保健施設ル・サンテリオン東郷
障がい 救護施設ゆりはま大平園

〔北栄町〕
高齢 介護老人保健施設ル・サンテリオン北条

〔鳥取市〕
高齢 介護老人保健施設ル・サンテリオン鹿野、他1施設

〔米子市〕
病院 米子東病院
高齢 介護老人保健施設ル・サンテリオンよどえ、他1施設
障がい 救護施設よなご大平園
保育 大和保育園、よどえババール園

〔大山町〕
高齢 介護老人福祉施設ル・ソラリオン名和

〔東京都〕
高齢 介護老人福祉施設ル・ソラリオン葛飾、他2施設
保育 あやせババール園

求める人材像

当法人の業務は人と関る仕事ですので、人物重視の採用を行います。

医療や福祉に興味のある人

一生懸命に取り組む人

素直で向上心のある人

やわらかな発想が出来る人

幅広い趣味や特技をもち仕事に活かせる人

人に興味を持ち、人と接することが好きな方にぜひお会いしたいと思っています。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL