株式会社 アート建工

自分が住む街をもっと好きに、そして素敵に 全ての人が快適に生きていける街を作りたい

自分が住む街をもっと好きに、そして素敵に全ての人が快適に生きていける街を作りたい(株式会社 アート建工)

建築・住宅販売事業の実績と成長をベースに魅力ある街づくりへ

 鳥取県米子市を本拠地に、鳥取、松江、出雲で事業を展開する《株式会社アート建工》。雨や湿気、雪が多いといった山陰の気候に適した設計デザインを理念に掲げ、高い支持を集める地域密着型工務店だ。素材や意匠、空間づくりにこだわる完全自由設計(注文住宅)の《アート建工(AK)》、太陽光発電や省エネ対応の設備仕様でトータルコストを抑える分譲住宅と注文住宅《トコスホーム》、2人から家族世帯までフルラインナップの高品質分譲住宅の《マチリブ》と、多世代のニーズを反映した3つのブランドを発信するほか、様々な施設や公共建築物の施工を手がけている

 創業は1985年。当時、境港で港湾土木建設の公共工事を手がける《(株)ウオタニ》が、新規で戸建て住宅事業に参入したのが始まりだ。2012年、32歳で代表取締役に就いた魚谷宗司社長は、一方で大学卒業後に入社したウオタニの3代目社長でもあったが、その後ウオタニの事業を他社に売却し、アート建工の住宅事業に専念。2017年、トコスホーム立ち上げと共に、本社を現在の米子市両三柳に移転した。トコスホームは、販売直後から反響が高く、2018年に出雲店、2020年には鳥取店・松江店がオープンするなど、山陰主要都市で販売エリアを拡大中だ。また、分譲住宅事業の好発進を機に、アート建工全体の集客数も増加した。山陰両県での分譲・注文住宅の完工棟数は、18年度の40棟から20年度は150棟と、大きく業績を伸ばしている。

続きを読む

 生まれ育った街でもある境港の港湾整備などに貢献した事業を手放し、一見、住宅事業へと舵を切ったように見える魚谷社長だが、事業のゴールはそこではない。「トコスホームの立ち上げは、地域に根ざした“住みやすく快適な街づくり”の一歩です。これからは建築・不動産業を通して、自分が住む街をもっと住みやすく。魅力ある街づくりへと進んでいきたい」と語る魚谷社長は、2021年、《株式会社サインインホールディング》(以下サインインHD)を設立し、工務店のアート建工を100%子会社化。また、すべての人に快適な住まいや住まい方、生き方を提供したいという想いから、同年、障がい者福祉に関わる《ラシクスル株式会社》を設立。グループホーム建設や運営コンサルティングを通し、障がい者の生き方づくりと運営事業者をサポートしていく。

記事をたたむ

サインインHDグループ3社の代表取締役、魚谷宗司社長(41)。趣味の料理は“自称プロ級”の腕前で社員に振舞うことも。座右の銘は「料理と経営は似ている。かき混ぜすぎず、目を離さず」

山陰だからこそできる街づくり

 「街は住宅だけでなく、働く・食べる・学ぶ・遊ぶ場、商業、医療、福祉など街を構成する様々な施設を、横断的に建設運営する必要があります。そのお手伝いをするのが、親会社のサインインHDの使命です。土地の所有者と事業者のマッチングを図り、内外の人の流れをもたらす企業の誘致、新しい価値を生む施設づくりなどをサポートし、私たちが暮らす山陰地域を持続的に発展させたいと願っています」と魚谷社長。2019年には、住宅事業の拡大を視野に、アート建工に不動産部を創設した。米子本社、トコスホーム出雲店を拠点に、山陰圏内の住宅用地はもとより事業用土地の有効活用を強化していく。

 街づくり事業着手に際し、新しく仲間に加わった社員の声を聞いてみた。出雲・松江エリアの住宅・福祉事業など用地の仕入れを担当する社員は、不動産部立ち上げを機に入社した業界経験者だ。「住宅の施工販売事業が右肩上がりで成長する中、守りに入ることなく、街づくりに領域を拡げる魚谷社長の姿勢に刺激を受けました。不動産事業の拡大に貢献したい」と話す。宅地建物取引士の視点を生かし、土地探し勉強会の講師も務めている。また、住宅以外の公共建築、福祉事業施設などを手がける特殊建築課の社員は、公共事業主体の建設会社で20年以上の経験を積み、キャリア採用で入社した。これまでグループホーム建設やビル改築を手がけ、今は境港市内で建設が進むコワーキングオフィスの現場監督を担う。「魚谷社長の考えに共感し、街づくりに取り組める点に魅力を感じたのが入社理由です。利用者目線の設計、安心安全と低コストに配慮した仕様と施工で、アート建工らしい建物づくりを目指しています」と話してくれた。

会社と一緒に成長する社員たち

 創業から地域に根ざし、山陰に特化した独自の家づくりで成長を続けるアート建工。社員数も、米子移転当初の19名から、2021年10月現在で85名に増員している。営業部、建築部(設計、施工管理)の社員たちの活躍ぶりを追った。
 住宅アドバイザーは、モデルルームや完成見学会の訪問客が対象で、無理な営業活動は行わない。新卒入社6年目、注文住宅アドバイザーの社員は、大学進学時から鳥取Uターン就職を希望し、アート建工と出会った。「当時は境港に本社があり、社員は16名。転勤が無いのも魅力でしたが、一番の決め手は魚谷社長の人柄でした」と振り返る。「入社時は着工棟数が鳥取県内の工務店で3位でしたが、社長の目標はナンバーワン。3年後の19年には達成したので、有言実行の人と尊敬しています」。注文住宅営業は、家を建てる以前の土地探し、融資計画作成など業務の幅が広い。仕事経験を重ねながら住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引士も取得し、お客様の家づくりに寄り添う提案力を磨いている。

家づくりが完成したお客様から、その後新規のお客様を紹介され、3件繋がったことも。注文住宅ならではのやりがいだ(注文住宅アドバイザー6年目)

 同じく注文住宅アドバイザーは、県外の旅行会社の添乗員からUターン入社して3年目。全国展開の住宅メーカーとは異なる、山陰に適したAKブランドの商品力に魅力を感じた。「入社後2年はトコスホーム住宅アドバイザーに。何でも吸収しようとトライしました。上司や周りのサポート体制が心強く、1年後に初受注、無事契約できました」と語る。3年目からは注文住宅へ。それぞれの価値観、資金背景、要望を持つお客様一人ひとりと真摯に向き合い、予算内で最適なプランニングを提案したいと、意欲的だ。

聞き上手・話し上手を心がけ、お客様にメリットのある提案を探し出す(注文住宅アドバイザー3年目)

 「子どもの頃から家づくりに興味があった」と話す入社1年2カ月目の社員は、理容師歴7年から、トコスホーム住宅アドバイザーへ。「入社後3カ月は研修期間で、業務に必要な知識や接客マナーなどを学びました。社長をはじめ、社内は人間性豊かで温かい人が多く、理不尽な思いをしたことがありません」と笑顔。二児の父親として、お客様の立場にたった提案力を生かし、これまで10棟を契約。今後は、「3歳の上の子が小学生になるまでに自分の家を建てたい」と、夢を語ってくれた。

多彩なバリエーションと商品の魅力が伝わりやすいトコスホームは、新人や営業未経験者でも早くから業績に貢献できる可能性が高い(トコスホーム住宅アドバイザー2年目)

 建築部で注文住宅の施工管理を担当する入社3年目の社員は、公共事業の水道・空調設備会社から転職。住宅を手がけるのは初めてだったが、2級管工事施工管理技士、第1種電気工事士などの資格を生かし、2年目は27棟、3年目は20棟と、多くの現場監督を務めている。「お客様の家づくりのこだわりを、協力業者と連携を密にして実現するのがやりがいです。アート建工は、職人さんを大切にする伝統があるので、現場のチームワークの良さが強み。丁寧でスピード感ある工程管理が目標です」と語る。時には現場が気になって眠れないこともあるが、社内部活のサッカーで、リフレッシュしている。

施工管理業務の3分の2は現場へ赴くため、社内のデスクワークは効率よく的確にこなすことを心がける(建築部施工管理課3年目)

 入社7年目、建築部設計課の社員は、アート建工初めての新卒採用だ。大学時代から建築設計を志望し、就職活動では6社を訪問。公共事業か住宅建築かで迷ったが、お客様と一生の付き合いができると、アート建工を選んだ。とは言っても、入社後3年間は営業を経験。「“人間を知らないと、家づくりの提案はできない”というのが社長の持論。営業経験のおかげで様々な気づきがあり、設計業務のプラスとなりました」。現在は、お客様と直接接してプランを提案する営業設計と、メンター制度の後輩教育でも活躍中だ。

実務経験を生かし若手技術者の相談に気さくに応じる(特殊建築課課長)

同じく建築部でインテリアコーディネーターを担当する新卒入社3年目の社員は、県外短大のインテリア科出身。1年目の前半は3週間の東京研修と、米子の建築・住宅資材を扱う総合商社の工務店合同研修で学び、後半はメンター制度で先輩社員に同行しながら現場に出た。2年目から独り立ちし、現在はトコスホームのインテリアコーディネートを手がける。「外部の専門分野の講師を招いての勉強会がとても刺激になります。お客様の要望をきちんと理解し、提案に繋げたい」と抱負を語ってくれた。

快適な室内空間づくりを手助けする仕事。家具ブランドや最新の流行にもアンテナを張る(建築部 インテリアコーディネーター3年目)

情報ネットワークを駆使し、土地の有効活用の可能性を探る不動産部(不動産部課長)

入社したのは魚谷社長就任2年後で社員は10名。一緒に成長し、チャレンジする社風は今も変わらない(建築部 営業設計7年目)

12
株式会社 アート建工
業種
建設業(一般住宅)
事業
内容
新築住宅の建築、不動産分譲、リフォーム
創 業 昭和60(1985)年4月5日
代表者 代表取締役 魚谷 宗司
社員数 85名(パート15名含む)
(男51名女34名)
〒683-0853
鳥取県米子市両三柳255-8
TEL /0859-21-2234
株式会社アート建工 本社
 鳥取県米子市両三柳255-8
アート建工米子店
 鳥取県米子市米原5-5-17
トコスホーム米子店
 鳥取県米子市米原5-5-17
トコスホーム鳥取店
 鳥取県鳥取市安長82-1 B号室
トコスホーム出雲店
 島根県出雲市大塚町1311-10
トコスホーム松江店
 島根県松江市津田町305 101-A号
〔グループ企業〕
ラシクスル株式会社

求める人材像

家はみんなで造るものです。新入社員でも優秀な成績が出せるノウハウを構築しています。 販売エリアを山陰主要都市に拡大し、これからも誠実な仲間と力を合わせて成長していけたらと考えています。 チームの一員となって会社を創り上げていくという気持ちをお持ちの方、会社と共にチャレンジしていただける方をお待ちしております。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL