株式会社 エッグ

新規事業に次々と挑み地域のITビジネスを牽引

新規事業に次々と挑み地域のITビジネスを牽引(株式会社 エッグ)

行動力とスピーディーな対応で顧客満足度の高いシステムを提供

 応援したい自治体に寄付して返礼品を受け取る《ふるさと納税》。地域活性化を後押しする重要な存在となった同制度の普及に大きく貢献したのが《ふるさと納税システム》だ。その画期的なシステムを全国で初めて開発した会社が鳥取県米子市にある。《株式会社エッグ》は、全国の自治体への導入実績日本一を誇るふるさと納税システムをはじめ、医療や高齢者福祉など様々な分野で革新的なシステムを発信し続けている。 エッグは、1927年に印刷業で創業。1952年に《米子印刷所》に社名変更し、地元の印刷物や広告ビラなどを扱っていたが、83年にコンピューターを導入。90年に就任した髙下士良社長は「インターネットで世界はガラッと変わる。紙とインクを使う媒体は少なくなるだろう」と見通し、95年には山陰でいち早くインターネットを開始した。

続きを読む

 ホームページ作成やネットワーク構築支援などのマルチメディア事業に本格的に取り掛かり、データを受け取り印刷物にして納める《エッグプリントショップ》や、情報を入力するとはがきを自動印刷して投かんする《ポスコミ》など、ユーザー目線に気を配る印刷業のノウハウと、手軽でスピーディーなインターネットのメリットをうまく融合させた独自の手法で、時代に応じたITサービスを提供していく。

 中でも、ふるさと納税システムは、クレジットカード決済を可能にし、さらに日本最大級のふるさと納税サイト《ふるさとチョイス》に対応させたことで、寄付の入金方法が煩雑という同制度の弱点を克服。このシステムを導入した結果、2013年度の鳥取県への寄付額は都道府県1位の3億3606万円を記録。米子市も初めて1億円を超え、市町村でトップとなった。現在では、全国600以上の自治体が導入する全国ナンバー1のふるさと納税システムだ。

記事をたたむ

 髙下社長は「困っている人がいた時にどんな解決策を出していくか。お客様ニーズに応えて、創造的な商品で社会に貢献することが大事」と語る。地域の高齢化が進む中、鳥取大学医学部と共同で認知症の判定補助・トレーニングシステムを開発。他にも、介護が必要な状態になる前に本人に気付きを与えて介護予防につなげるシステムや、一人暮らしの高齢者の見守りプログラムなど、様々な専門家と協力して次々と開発に取り組んでいる。

 多様なシステム開発に伴い、ふるさと納税に関わる業務を代行する会社や、地域住民の健康増進をコンサルティングする会社などを立ち上げ、計4社のエッググループへと成長。2021年5月には事業拡大に伴って関西支社を開設し、行動力とスピーディーな対応で、顧客満足度の高いシステムを提供し続ける。

社員からの提案を「それいいじゃん! やってみなよ」とどんどん後押しする髙下士良社長。自由で風通しのよい社風が、顧客満足度の高いシステムやサービスの提供につながっている

社員の心が豊かになって新しい発想が次々と生まれる環境

 そんなエッグでは、様々なバックグラウンドのスタッフが活躍している。
 システム開発部でソフトウエア開発を担当する牧田広志さんは、倉吉市出身で大学卒業後、東京のIT系企業で働いていた。「いつかは地元に戻りたい」と考えていたといい、30歳になるタイミングでUターンを決意。現在はふるさと納税システムの管理・保守を担当しており、「自分の地元や鳥取と同じような地方都市の活性化に貢献できていると思うとやりがいを感じます」と笑顔を見せる。
 会社近くにある温泉付きの社宅から通勤し、東京時代は遠ざかっていた趣味の釣りも再開させた。「社長のヨットに乗せてもらって中海に出た時はとても気持ちよかったです。自分も最近、船舶免許を取ったので、いつか中海で船を操縦してみたいですね。転職先を選ぶ際、社員の健康に配慮しているところも重視しました。気さくで話しやすい方が多く、働きやすい環境だと感じています」と話し、「今後は技術的な基礎を固めながら、地域の困りごとを把握して、新たなビジネスを提案していきたい」と語る。

 同じシステム開発部で働く三澤紗英子さんも、島根県松江市でIT系の企業に勤めていたが、「システムに関わりつつ、デザインの仕事もやってみたい」と2年前にエッグに入社した。今はソフトウエア開発を主に、デザインに携わる業務も勉強中だ。「エッグのいいところは、周りに向上心の高い人が多く、刺激をもらえるところ。部署間の風通しもよく、福利厚生が充実しているのも『がんばって働こう』というやる気を引き出してくれます」とほほ笑む。「デザインもシステムも技術力を高めて、両方で力を発揮していきたい」と意気込む。
1_LCegg_0034

 サポートセンター課の課長を務める植村望さんは、入社7年目のベテランで、ふるさと納税システムに関する全国の自治体からの問い合わせや要望に丁寧に対応してきた。提携している自治体が困難を感じる前に解決策が提示できればと、実績から得たノウハウを広く情報発信することにも力を入れている。システム開発部などの他部署と社内の連絡ツールを活用して効率的に連携を図り、顧客からの要望にスムーズに対応できる体制を整える。「最新のコミュニケーションツールなど、いいものをどんどん導入してくれる会社なので仕事がとてもやりやすいです。普段はツールを使ってやりとりしていますが、社員同士でイベントを企画して休みの日に集まったり、社員旅行に行ったりと直接の交流も大事にしていて、そのバランスがちょうどいい」と話す。

 「仕事を通じてお客様とお話する中で、どういうことに困っておられるか、どうお答えすれば安心していただけるかなどのコミュニケーション能力が向上したと感じています。お客様の要望に対して、その課題をみんなでどう共有し、対応していくかという管理スキルも学べました」と植村さん。植村さんをはじめ、家庭と仕事を両立して活躍する女性スタッフは多いといい、「子どもが熱を出したなど家庭の事情で急に休まないといけない時も、とても理解ある対応をしてもらえるのでみんな感謝しています。家庭や子どものことなど、仕事以外で相談できる相手が会社にいるのはとても頼もしい」とうなずく。

個性豊かな社員がイキイキと働く

心豊かになって新しい発想が次々と生み出せる雰囲気、仕事のオンオフができる環境を意識して造られたオフィスでイキイキと働く社員たち。互いにサポートし合って、自分に合ったやりがいのある仕事に励んでいる。

ONとOFFのメリハリをつけて人生を楽しむ

スポーツや山登りなどのイベントを社員みんなで楽しむことが多いといい、時には会社所有のヨットで中海をクルージングし、海上から美しい景色を眺めることも。リラックスする時は和やかに、仕事をする時はきちんとするというメリハリがある職場だ。

お客様からの困り事に笑顔で対応

サポートセンター課で日々、お客様からの問い合わせや要望に丁寧に対応する植村さん。「お客様から『助かった』『ありがとう』と言っていただけるとうれしいです」と話す。同じ課や他部署のメンバーと協力して迅速な対応を心掛ける。

殻を破って次世代の事業へ 時代に合わせて変化する会社

 社屋にはそんなスタッフたちのやる気を後押しする環境が整っている。例えば、コーヒー、紅茶、スムージーなど多種類のドリンクが自由に飲める休憩室や、会議時間の短縮を図る“立って会議する仕様”のミーティングルームなどのハード面の他、朝昼2回の体操タイムや社員同士の交流を深めるランチ会の開催など、ソフト面でもスタッフを気遣う。

 2021年秋には、現在の社屋のすぐ近くに新社屋が完成。新社屋にも豊富なドリンクを完備したリフレッシュルーム(多目的ルーム)を設け、その横には大山を望みながらリフレッシュタイムを過ごせる緑豊かなテラスが完備されている。災害時などは近隣住民の避難場所として提供できるよう準備しており、地域との関わりも大切にする。

エッグ新社屋

 エッグの社訓は「創造的な商品で社会に貢献しよう」。髙下社長は「社員には、やりがいのある仕事をして、楽しい人生を過ごしてほしい。心が豊かになって余裕を持って仕事することで多彩なアイデアが生み出せる。そして、その結果として顧客満足につながる」と言い切る。研修や勉強会への参加を推進し、社員が必要とする書籍は会社が購入。それぞれの社員のスキルに合わせて、個別に学べる環境を用意する。

 「時代が変われば世の中の困りごとも変化する。それに合わせて会社もどんどん変貌していくことが求められる。エッグは卵。割れた時に、何かが生まれてくるかもしれない」と髙下社長。エッグによって次世代へつながる殻が破られた時、どんな世界が広がっているのか。その殻を破るのは、あなたかもしれない。

テラス付きリフレッシュルームのある新社屋が完成

2021年秋に完成した新社屋にも、大山を眺めながらリフレッシュできるテラス付きのリフレッシュルームを完備するなど、社員が快適に仕事できる空間が広がる。

高齢者がイキイキと暮らせる社会の構築に貢献

グループ会社の《株式会社コロンブス》では、エッグで開発した高齢者のフレイル早期発見システムを全国の自治体を中心に販売。自治体と協力して各地で健康教室を開くなどして、高齢者が地域で元気に住み続けられる社会の構築に貢献している。

16
株式会社 エッグ
業種
情報通信業
事業
内容
システム開発・保守、ネットワーク構築、webページ・サイト構築、データベース処理、保健・福祉・医療関係情報ネットワーク構築
創 業 昭和24(1949)年7月21日
代表者 代表取締役 髙下 士良
社員数 32名(男23名 女9名)
〒683-0805
鳥取県米子市西福原4丁目11-31
TEL/0859-36-8881
関西支社
 大阪府大阪市中央区本町3丁目5-2
 辰野本町ビル8F

〔EGGグループ〕
有限会社Bizサポート
株式会社コロンブス
合同会社エッグ総研
一般社団法人EGG(ホールディングカンパニー)

求める人材像

人の役に立つ何かを創りたい人

どんな分野でも構いません。『熱い』想いを持ち、共有できる人。

楽しく仕事をしたい人

「楽な仕事」はありませんが、仕事に対して前向きに取り組み「楽しく仕事する」ことができる人。

常に成長したい人

常に柔軟に考え、新しい方法を試しながら、自ら成長していける人。

コミュニケーションを大切にする方

仕事に責任を持ち、仲間・顧客を大切にできる方を求めています。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL