オートバックス(株式会社 美作グループ本社)

社員のやる気を引き出す社風で地域の快適なカーライフを牽引

社員のやる気を引き出す社風で地域の快適なカーライフを牽引するオートバックス (株式会社 美作グループ本社)

チームワークの良さと社員の自発的アクションが高い顧客満足を創出

 岡山県北から山陰エリアをカバーする《オートバックス》は、元気なあいさつときめ細かな気配りで、いつでも気持ちよく迎えてくれる温かい雰囲気が印象的なカー用品専門店だ。運営するのは、津山に本社を置く《美作(みまさく)グループ》。マツダ正規ディーラー(自動車販売・カーリース)、コマツ・サービスディーラー(建設機械販売)、そして中国地方北東エリアをネットワークするオートバックス・フランチャイジングという3本柱で、クルマのある豊かな暮らしをトータルにサポートしている。中でもオートバックスは、スタッフ同士が互いにフォローし合い、前向きに仕事に取り組める体制が整っている。例えば、自動車整備士の資格試験に向けて、同社の有資格者が講師となり資格取得を全面的にバックアップ。資格取得の支援だけでなく、料理やヨガなど他分野の講師を招いた研修も導入。各店ごとの取り組みや今後の課題を発表し合う決起大会を開催したり、月間成績の優秀な社員を表彰したりするなどして、「地域にとってなくてはならないオートバックス」を合言葉に士気を高める。ピットでは、高校を卒業したばかりの10代から、自動車整備業界を一度引退した後に再就職した60代のベテラン、ベトナム人の技能実習生など、多彩なメンバーが活躍する。女性社員の採用強化と活性化にも取り組み、育休後に復帰し、子育てしながら働いている女性スタッフも多い。川嶋盛嗣社長は「多くの女性社員が自ら様々なアイデアを発信し、自発的にアクションを起こしてくれています。トップダウン?ないですね」と目を細める。

美作グループ本社代表取締役社長 川嶋盛嗣さん。日頃から社員とのコミュニケーションを大切にしている

 また、美作グループでは、地元の女子サッカーチーム《岡山湯郷Belle》をはじめ、《ガイナーレ鳥取》、《ディオッサ出雲FC》《クローバー米子フィオーレFC》《島根スサノオマジック》を応援し、地域スポーツの発展にも広く貢献。岡山湯郷Belleの選手とは雇用契約を締結し、選手は津山の店舗で働きながら、日々サッカーに汗を流す。

 「とにかくチームワークのいい会社です。自動車やカー用品のことが分からなくても、向上心があればすぐにステップアップできます」と話す川嶋社長は、各店舗に出向くと必ず全社員に声をかける。そんな川嶋社長に社員たちの信頼は厚い。「“まず聞く”。この姿勢を大切にしています。絶対に否定から入らない」と川嶋社長。ここで働く社員のやる気が生まれる要因のひとつには、スタッフからの提案を積極的に受け入れる企業の姿勢があるからだろう。2021年11月には、9店舗目が津山東エリアにオープンした。他業種と軒を連ねる複合型の店舗で、オートバックスにとっては新たな取り組みとなる。川嶋社長は「これから、さらにスタッフ一人ひとりの健康に配慮できる体制を整え、さらなる店舗拡大へ向けて、何事も前向きに素直に受け止められる人材を求めていきたい。ぜひ一緒に頑張りましょう」と呼びかける。

オートバックスってこんな会社!

スタッフ座談会

 オートバックスはどんな会社で、どんな人たちが働いているのか。今回は、松江店といずも店の売場とピットのスタッフに集まってもらい座談会を開催。くじ引きで引いたお題に答える形で、会社への想いや日頃の仕事で感じていること、今後の抱負などを語ってもらった。

いずも店

濱崎 千尋さん(3年目)

二級整備士。女性ピットスタッフとして大活躍。仕事と育児に奮闘する美作グループのムードメーカー。

いずも店

田中 亘さん(11年目)

二級整備士で、ピット長としてピットをまとめる。ピットの雰囲気の良さはグループでもトップクラス。

松江店

小久保 朝華さん(3年目)

カーエレ担当の販売スタッフとして活躍中。今後の松江店を担う女性の若手有望株として期待されている。

松江店

都田 誠さん(14年目)

松江店店長として店舗運営に力を入れる。タイヤ販売では長年、グループ随一の販売成績を誇っている。

入社してわかった会社のいいところ、悪いところ

小久保

 いいところは、会社の皆さんがフレンドリーで、分からないこともすぐに教えてくださるところです。悪いところは、特にないです。

濱崎

 私はちゃんと敬語を使えるタイプではありませんが、そんな自分をそのまま受け止めてちゃんと育ててくださるところが、いい会社だなって思います。あと、子どものことを優先させてくれるのもとてもありがたいです。悪いところというか、辛いなと思うのは、冬季の忙しさですね。天気予報で雪だるまのマークが出た瞬間、「お母さん、明日から帰り遅くなるけん」って家族に言います(笑)。

田中

 いいところは、オイル交換やタイヤ交換や車検整備車など、いろいろな経験ができるところです。悪いところは、ありません。

都田

 いいところは、社長や常務が社員全員の名前を覚えておられて、気軽に声をかけてくださるところです。その反面、社長や常務に社員が相談や提案を直接してしまいがちなので、社長や常務の負担を考えると、もうちょっと部長や課長、店長など段階を踏んで相談や提案をする体制があってもいいのかなと感じています。

先輩、上司って厳しい?

田中

 入社した頃は結構厳しい方がおられて、いろいろ怒られたり注意されたりしましたが、それがあったからこそ今の自分があると感じています。

都田

 入社した時から今までを振り返っても、厳しいと感じたことはないですね。注意されても「言われた通りだな」と納得できるものばかりで。先輩や上司のお陰で社会人としての常識を身に付けてこられたなって思っています。

川嶋社長ってどんな人?

小久保

 店舗に来られた時には必ず声をかけてくださいます。とても優しくて、会社で一番上の方なのに、それを周囲に感じさせない。いつも気遣っていただいて、「社員のことを想ってくださっているんだな」というのが伝わってきます。

濱崎

 「娘さんは大きくなられましたか」とか、社員の細かな情報まで覚えておられるのがすごいなって思います。それから、ネクタイがいつもかわいい(笑)。「今日はどんなネクタイかな」って密かに楽しみにしています。

一番記憶に残っている感動エピソード

都田

 お客様が自分のことを頼って来店してくださることです。「車のことなら松江の都田」と思ってくださるお客様が増えているのは、とてもうれしいことだなと思います。

濱崎

 一度、オートバックスを辞めて整備士2級の資格を取りに学校に通っていた時に、もうそろそろ卒業というタイミングで川嶋社長がわざわざ学校まで訪ねて来てくださって、「ぜひまた戻ってきてくださいね」って言ってくださったのが、とてもうれしかったです。

和やかな雰囲気で会社への想いや、感動エピソード、今後の抱負などを語り合う

一番記憶に残っている辛いエピソード

小久保

 やっぱり冬場の作業ですね。入社して最初の冬は、タイヤ交換がこんなにたくさん入るんだって衝撃を受けました。

都田

 そうですね。以前は夜の12時半くらいまでかかってその日のタイヤ交換を終わらせていましたから。でも、今は受付を8時で終了するようになったので、以前と比べてかなり作業時間は短くなりました。長く働いていると、夜遅くまで作業した経験も「あんな時もあったよな」といい思い出になっています。

入社して自分自身が変わったな(成長したな)と思うところ

都田

 自分のことより周りのことを考えられるようになったところです。

小久保

 言葉遣いとか社会人としてのマナーとか、入社してからたくさん教わりました。

濱崎

 2級整備士になりました。でも、ベースは全然変わってないですね(笑)。

田中

 5年くらい前は肩書がつくのがなんか嫌で「ピット長になりたくない」って言っていたんですが(笑)、それを引き受けて、今は何とかこなしているところです。

社員の手製イラスト

入社した頃の自分に声をかけるとしたら

都田

 もともと車に興味があった訳ではなく、松江で仕事したいと入った会社だったので、当時は「続けられるだろうか」という不安もありましたが、あの頃の自分に「心配しなくてもちゃんとできているよ。あなたが選んだ道は間違っていないよ」と言ってあげたいです。

小久保

 入社した頃は何をしていいのかも分からなかったですが、先輩や同期に支えてもらってできることが増えているので、「頑張っていたら大丈夫だよ」と言いたいです。

今、目標にしている人は誰?

濱崎

 いずも店のピットで一緒に働いている、60代のベテランの整備士さん2人です。2人を見ていると、経験値や技術力が遠く及ばないなと感じます。私もあんな風に慌てず安定感を持って何事も対処できる整備士になりたいです。

田中

 前のピット長です。いろいろなことに前もって気付ける方で、自分もその方のように気付けるピット長になりたいです。

都田

 目標というか、尊敬している人は部長です。仕事をこなす量とか人間性とか、そばで見させてもらって、人として本当に尊敬できる方だなって思っています。

小久保

 特に「この人」という人はいませんが、接客だけでなく、いずれはピットの軽作業も任せてもらえるようなスタッフになりたいです。

今後の野望

都田

 松江店で売り上げを引っ張って、グループ全体を盛り上げていきたいです。

小久保

 担当部門の売り上げを達成して、店舗を引っ張っていくような部門担当者になりたいです。

濱崎

 ピットの仲間に教えてもらって、経験値を高めていきたいです。そして、いずれは車両積載車の免許や自動車検査員の資格も取りたいです。

田中

 ピット長として、ピットスタッフが全員で協力していろいろな作業に取り組めるようなピットをつくっていきたいです。
 ありがとうございました。
18
オートバックス(株式会社 美作グループ本社)
業種
小売・自動車整備
事業
内容
自動車用品の販売、取付、車検整備、1年点検、板金
創 業 昭和57(1982)年10月1日
代表者 代表取締役 川嶋 盛嗣
社員数 155名(男94名 女61名
〒708-0886
岡山県津山市昭和町1-86
TEL/0868-23-1068
〔マイナビ2023〕
 美作グループ
オートバックス鳥取北
鳥取南店 倉吉店 東米子店
松江店 いずも店 浜田店
津山院庄 津山インター店
〔美作グループ〕
美作マツダ自動車(株)
(岡山県津山市・真庭市・美作市)
コマツ美作(株)(岡山県津山市)

求める人材像

ピットスタッフ

オイル・タイヤ交換、カーオーディオ取付、車検、点検、一般整備、洗車等ピットスタッフもお客様と接する事が多く、接客対応が好きな方を求めています。

販売スタッフ

レジ・店内商品販売やタイヤ販売、接客対応、商品管理、売場作成等を行います。お客様と接する機会が多く、人と接する事が好きな方大歓迎です。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL

問い合わせフォーム

公式お問い合わせページ