島根中央信用金庫

地域と共に生きる地域密着型金融機関

経済効率でなく、地域貢献を優先

 銀行と信用金庫の違いをご存じだろうか。どちらも預金や融資などを行う金融機関に変わりない。しかし銀行が業務範囲などに制限がないのに対し、信用金庫は取引の対象が地域の中小企業や個人に限られる。地域密着型の非営利金融機関なのだ。《島根中央信用金庫》の福間均理事長(64)は、「株主の利益を求めざるを得ない銀行と違い、地域への貢献を最優先に考えるのが信金。地域で集めたお金を地域のために生かす。地域全体の利益を考えて支援するのが使命なのです」と胸を張る。

 2006年、信用金庫と信用組合が合併して現在の体制になった。財務省官僚として長らく中国地方の中小金融機関を担当してきた福間理事長。7年前に経営の舵取りを任されて以降は、信金の強みを前面に出した改革を次々と実施。預金積金は年々上昇し、8年連続過去最高の期末残高となった。本業の収益力を示すコア業務純益、当期純利益はいずれも6期連続の過去最高益を記録。コロナ禍の中、貸出金も過去最高の期末残高となった。「顧客とのリレーションが生んだボリュームだと考えています。しかし結果的に返済で顧客を苦しめることになっては意味がありません。お客様が復活できる支援を行っていきたい」。

アイデアに富む福間理事長。今年は、インナーマスクを顧客に配り、好評を博した。

 金融機関である限り、利益追求は不可欠であり、そうでなければ地域還元もできない。同庫は、長けた運用力と業務効率化などで高い収益をあげている。その利ざやは、定期預金利息を期間5年で最大年0・31%と大手銀行の30倍以上に設定するなどで地域に還元。一方、教育ローンの金利は、最低1・5%程度の低水準に抑え、子育て世代を支援する。

 信金の地域支援は金融面だけに留まらない。老朽化が目立っていた大田営業部と大田西支店を統合して2022年春、JR大田駅前に大田営業部を新設予定。2階建て店舗には、誰でも利用できるカフェスペースや小規模の貸しテナント、コワーキングスペースなども備える。「石見銀山などの観光資源を抱えているにも関わらず、駅前が寂しいことが気になっていました」と福間理事長。電車を待つ学生や会社員が勉強や仕事をしたり、食事やお酒を楽しんだりできるほか、地域住民の憩いの場としての活用も狙っている。石見にルーツがあることから、外壁には当地特産の瓦や陶板を使って、地域資源もPRした。「店舗統合するからには、デメリット以上のメリットを生み出さなければ地域のためになりません。駅は地域の顔。にぎわい創出の起爆剤になれば」。

 SDGs(持続可能な開発目標)の機運が高まる中、今春には目標の17項目と関連が深い事業者に対し、最大2億円を融資、金利も優遇する商品も創設。その原資にもなる「SDGs・ESG応縁定期預金」には、すでに販売総額30 億円の7割近くが集まってきているという。「SDGsは、信金の理念に近い。改めて形にすることも大事だと考えました」。
島根中央信用金庫は地域と共に生きる地域密着型金融機関
 長引くコロナ禍は、人々の価値観も大きく変えた。「都会の利便性が失われ、デメリットが目立つ中、職住近接で子育て環境の良い島根の良さや、お金で買えない価値が再認識されてきました。地域のために何かしたいと考える人にとって、信金は非常にやりがいのある職場です」。
島根中央信用金庫
 現場で日々顧客と接している信金マンは、どんな思いで仕事と向き合っているのだろうか。新入職員から入庫6年目までの5人に本音を聞いた。(敬称略)

大田営業部窓口

森野 紫織さん
(入庫2年目)

入出金や振込、各種支払いの手続きのほか、ローンや定期預金などの商品説明も担当。

久手支店営業

近原 光一さん
(入庫3年目)

個人・法人顧客を回り、定期預金のキャンペーン商品や融資の提案、アフターフォローなどを担当。

出雲西支店営業

濵村 実希さん
(入庫3年目)

窓口勤務を経て今春から、管内の中小企業や個人宅を回る。開業資金の相談、各種ローンや預金の紹介も行う。

塩冶支店営業

坂根 脩人さん
(入庫6年目)

入社2年目から外回り担当。コロナ禍で、地域の企業を支えるという信金の理念を再認識した。

南支店窓口

神庭 里佳さん
(入庫1年目)

ふりがな付きの大きな名札を付けて、今年7月から窓口に立つ新入職員。入出金や振込、新規口座開設などを担当。

真面目だけど硬くない!

―― 島根中央信用金庫ってどんな職場ですか。

森野

 金融機関といえば真面目な印象でしたが、冗談を言ったり、笑わせてくれる人もいたりして、明るい雰囲気ですね。

近原

 想像以上に覚えることが多くて、「この仕事、自分に向いているのかな」と悩んだこともあります。また、営業先で断られて落ち込んだり、正直「辞めたい」と思ったりしたことも。それでも先輩方が、「最初から売れるわけではない」「日常会話からアプロ―チすればいい」などと励ましたり、アドバイスをくれたりして真摯に悩みに向き合ってくれるので、翌朝再び笑顔で出勤できています。

濵村

 上司に注意され落ち込むこともありますが、同期に電話して相談したり、愚痴を聞いてもらったりしていますね。

近原

 店舗によって仕事内容が違うので、同期が自分よりも経験や実績を積んでいるように思えて焦る時もあります。そんな時は、年齢が近い職場の先輩にアドバイスをもらって、前向きなエネルギーに換えています。

神庭

 大学進学で県外に出たことで、温もりのある故郷の良さを再認識しました。ずっと地元で働くことができ、地域の役に立てると考えて信金を選びました。窓口でも、人の優しさに触れています。

―― 産休育休復帰後の離職率は10年以上ゼロです。

近原

 今冬、第一子の出産に合わせて、3週間育休を取る予定です。上司は「こういう機会がないとなかなか子どもとゆっくり過ごせない。(妻が里帰り出産している)宮崎へ行ってこい」と快く了承してくれました。

濵村

 今年から女性職員の制服のバリエーションが大幅に増加。私は営業でバイクに乗ることも多いので、パンツスタイルを愛用しています。

若手職員全員にマルチスキル化

―― 3年前に、25歳までに窓口、融資、営業の3業務を誰もが経験できる教育制度が導入されました。

坂根

 入庫6年目ですが、窓口を全く経験していない僕は、後輩たちがうらやましいです。窓口対応はお客様と接する上での基本。信金マンとしての対応や社会人としてのマナーなどを、先輩方が身近にいる内勤の時に学べるのは非常にいいと思います。

森野

 対応が難しい窓口業務の時は、先輩が代わってくれる上、その様子も間近に見ることができるので心強く、勉強になります。

近原

 各種預金や融資、ローンなど各種商品の説明も、知識がなければ営業できません。独りで営業している今、内勤時代に学んだ基本的な内容が大きな力になっていると実感します。

濵村

 窓口と営業では顧客層も違うので、3年間でいろんな経験ができます。営業では、長年信金と取引をしてくださっている方々が多くて、コミュニケーションが取りやすいのですが、窓口は初めての方や若い人も少なくありません。相手が求めているものを提供しようとする基本の力を身に付けられる気がします。

神庭

 先輩方の話を聞いていると、より人に深く関われるという営業にとても興味がわいてきました。

―― 長引くコロナ禍で仕事の仕方、内容は変わりましたか。

濵村

 皆さんマスクをされているので、お客様の表情が見えず、やり辛さは感じます。今まででしたら、お客様の様子に応じて話題を変えたりできたのですが。

近原

 相手の表情が読めなくても、こちらはにこやかに―という意識で、声のトーンを少し上げ、いつも以上に笑顔や快活さを大切に接していますね。

坂根

 入庫2年目から営業担当ですが、融資経験はほとんどなく、集金や預金などの業務がメインでした。しかし、コロナ緊急対応融資の商品ができ、担当のお客様に提案する必要が高まったので、昨春以降は融資業務にも多く携わりました。過少の融資では現状を打破できない一方、過分の融資は逆に将来、返済の面でお客様を苦しめることにもなります。お客様の現状や業績、悩みをしっかりと聞き、上司とともに適正な融資を行えるよう努めました。「あの時早く対応してくれて助かったよ」などと声を掛けられると、良かったなあと思います。

お客様に寄り添える存在に

―― 今後の目標や、やりがいを教えてください。

森野

 通帳の開くページを誤って、二重印字してしまったりするなどまだまだ失敗が絶えません(苦笑)。最近は、自分の失敗ネタを元に、後輩に注意喚起しています。今後は、お客様にも後輩職員にも頼られている先輩方のような存在を目指したいです。

神庭

 来店時は不機嫌そうな表情だったお客様も、先輩方が対応したあとは、笑顔になって帰られます。そんなふうにお客様を笑顔にできる職員になりたいです。

濵村

 窓口から営業に出て、お客様との距離感がとても近くなったように感じます。時には怒られたり、注意されたりすることもありますが、それが逆に距離を縮め、プライベートな話もできるくらい関係が深まりました。信頼関係を育みながら、お客様を支援する、営業という仕事が楽しくなってきました。

近原

 先日、起業するお客様を担当しました。立ち上げの際の融資から、その後も何かあれば連絡を頂き、フォローさせてもらっています。お客様と二人三脚ではないですが、好調な時も、苦しい時も寄り添えるような存在になっていきたいです。

坂根

 歴代の先輩方から引き継いだお客様を担当してきて感じたことは、今の自分の仕事が将来、後輩たちの世代にもつながっていくということ。新たなお客様からも深い信頼を得て、次世代までつなげていける関係を築けるよう努めたいです。
 顧客の大切な資金を預かり、時には将来を左右する融資業務も行う信用金庫の仕事は、責任も大きい。しかし、地域の人々や会社と一体になってよりよい暮らしや経営を考え、支援することで得られる顧客の笑顔は、何物にも代えがたいものだ。島根中央信用金庫には、地域の幸せを、地域と共に創り出す熱い信金マンがいる。
23
島根中央信用金庫
業種
金融業
事業
内容
信用金庫法に基づく金融業務全般(預金窓口業務、融資業務、為替業務、営業業務、本部業務など)
創 業 昭和23(1948)年9月18日
代表者 理事長 福間 均
職員数 275名(男148名 女127名)
〒693-0001
島根県出雲市今市町252-1
TEL/0853-20-1000
出雲市内(11店舗)
松江市内(2店舗)
大田市内(4店舗)
江津市内(2店舗(出張所含む))
邑智郡内(4店舗)

求める人材像

島根のことが大好きで、島根のために何かできないかと思ってらっしゃる方

人と話すことが好きな方

お客さま一人ひとりの話をしっかり聞こうとする方

様々なことに興味をもち挑戦する方

失敗を恐れず、最後までやり遂げる方

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL