美保テクノス 株式会社

快適で夢のあるまちづくりを目指し挑戦を続ける総合建設会社

美保テクノス株式会社は快適で夢のあるまちづくりを目指し挑戦を続ける総合建設会社

創業以来米子市を拠点に地域の発展に尽力

 米子市に本社を構える《美保テクノス株式会社》は、「夢・まち・人づくり」をスローガンに鳥取県西部、島根県東部を中心に事業を展開する総合建設会社だ。初代社長・仁宮次夫氏が前身となる《美保土木機械企業組合》を創業したのは1958年。戦後、美保飛行場(現在の米子空港の別名)から駐留米軍が引き揚げる際、基地で働いていた地元の人たちの雇用と振興対策として、米軍が保有していた建設機械を民間企業に払い下げ、機械リース業と土木工事会社を作るという方針が国から打ち出され、これを受けて設立された。

 60年代以降の5万坪の団地造成や“難工事”と称された岡山県境・明地峠の改修工事などにより地域の信頼度を高め、1976年、サンイン技術士センター株式会社(現・株式会社エスジーズ)を設立。建設コンサルタントへも進出し、県内の工事だけでなく道路公団、下水道事業団、本州四国架橋公団などの国の事業を、山陰地方の建設業者で初めて担うことが可能になった。

土木建設を土台に事業を展開。建設DXに果敢に挑戦する

 現在、《美保テクノス》は道路や橋など社会に不可欠なインフラを構築する《土木部》、公共施設・医療福祉施設・商業店舗などを建てる《建築部》、地盤改良や道路の維持業務を行うほか災害時の復旧活動を担う《ランドサポート事業部》、そして戸建て住宅を中心とした木造建築を手がける《ハウジング事業部》の4部門を事業の柱に据えて事業を展開する。社員数は約200名、グループ企業は建設関連企業をはじめ、異業種のIT・介護サービス企業など計14社、総勢700名にも及ぶ。2020年5月に代表取締社長に就任した野津健市氏は「常に時代と地域の要請をもとに、社会への貢献を目指し事業を拡大してきました。どの仕事に対しても常にまじめに取り組む姿勢は、創業以来培われてきた企業文化です」と語り、これまでの方針を受け継ぎながら、挑戦を続けていく姿勢だ。

 「創業以来、土木建築をベースに(1)地域に必要とされる会社、(2)地域に貢献する会社、(3)社員が胸を張って働ける会社、という3つの姿勢はこれからも変わりません。これはSDGsの目標にも通じる内容です。その上で、将来的な人手不足が予想される中、自然を相手にしながら工期を守り高品質のモノづくりを目指すためには、ICT(情報通信技術)による生産性の向上が不可欠です」と情報化を推進。近年叫ばれる建設DX(デジタルトランスフォーメーション)を先駆ける形で《BIM戦略部》を立ち上げ、BIM※活用により、従来の2次元の図面を3次元モデルに置き換えて、プロセスの効率化、生産性向上を目指す。「今までのやり方にこだわらず、I CT技術を使って仕事のやり方そのものを変えるという覚悟を持って取り組んでいます」と熱心に語る。

野津健市代表取締役社長。「建設DXはトランスフォーメーション(=変形、変容)ですから、形を変えることを恐れないことが求められます」と語る

DX化・ZEB化の実現を目指す新社屋

 DXを成立させる上で重要になるのが部門間の連携だ。2022年4月に建設が始まる新社屋は、他部署との交流の活発化を目的に壁を減らし、大会議室を兼ねるカフェテリアを設ける予定だ。また省エネと創エネによるエネルギー削減を実現するZEB※を取り入れ、エネルギー消費50%実現を目指していく。ZEBは自社ビルだけでなく、PFI事業(民間資金等活用事業)で代表企業を務める鳥取県西部総合事務所新棟の建設にも盛り込まれている。本事業ではSDGsにもとづく環境配慮をはじめ、資金調達など多方面でイニシアチブを発揮。「PFIは民間企業のノウハウを生かして公共事業を進める手法。その醍醐味は、色々な強みを持った企業が知恵を持ち寄り、県民や市民の為にベストな提案を行うこと。これまでは県外の大手企業が代表を務めていましたが、県内の事業で地元企業としては初めて代表になりました。厳しい審査を勝ち抜き、優先交渉権者に決定したことは私たちにとって大きな一歩です」
 また近年は地震や豪雨・豪雪などの大規模な自然災害が多発する中、災害防止対策や災害復旧などで地元の建設会社の存在感も増している。「特に土木業界は人手不足に悩まされていますが、社会貢献度の高い業種。そのことを多くの地域の皆様に認知してもらい、若手を育てていきたいです」と野津社長。2022年は建築科の学生を中心に県内外から11人が新入社員として各部署に加わる。「当社は離職率がとても低いのですが、その理由はミスマッチが起こらないようにインターンシップなど入社前にありのままを見てもらっているから。その上で、入社後は大事に育てていきます」と思いを語る。野津社長の新体制のもと、新社屋とともに、さらなる飛躍が期待される。
美保テクノス株式会社の新社屋

今年4月に着工する新社屋。地域のシンボルになりそうだ

お客様・地域への貢献を目指し、若手社員が奮闘中

暮らしの“当たり前”を守る交通インフラの専門医

ランドサポート事業部
中村 恭祐さん
2018年入社

 もともと美保テクノスの協力会社の道路舗装の会社に勤務していた中村さん。転職と結婚のタイミングが重なり、給与や福利厚生が充実している会社で働きたいと考えていた時に現在の美保テクノスに縁があった。

 中村さんが所属するのはランドサポート事業部の維持事業所。道路の維持管理を担い、街路樹の剪定や除草、除雪、事故処理、落下物の除去など、地域生活の安全に直結する「交通インフラの専門医」と言える。事故処理などの呼び出しに対応する緊急班や、除雪作業は交代制の24時間対応だが「大変と言えば大変ですが、手当てはしっかりと保障されていますし、地域の安全を支えていると思うとやりがいを感じます」と話す。2級土木施工管理技士など必要とされる資格は多いが、取得費用の補助など会社の支援を受けながらスキルアップが可能。中村さん自身、1級土木施工管理技士に挑戦中だ。

現場では主に班長を務め、作業と並行して人材配置や現場管理なども行う。道路での作業は申請時間内に終わらせる必要があり、緊急対応以外では基本的に残業や休日出勤は発生しない。休日は家族サービスの時間という。作業車に乗り込む姿はレスキュー隊員のようだ

異業種から挑戦! お客様の満足のいく家を実現する

ハウジング事業部
柳原 優香さん
2019年入社

 柳原さんは住宅に興味があり異業種から転職。《無印良品の家米子店》に常駐し、インフィルコーディネーターとして仕様の提案や接客などを行うほか、美保テクノス本社が手がける住宅のコーディネート業務にも携わる。コーディネーターは営業や設計、施工など各部署とかかわる立場。伝達漏れがあると大きなミスにつながるので、密接に連携をとって施主の理想を形にする。

 「家が完成して、『思い描いていた家です』と施主様に満足していただけた時が本当にうれしいです」と柳原さん。入社した当時は専門用語や現場の工程がわからず苦労したそうだが、先輩社員のサポートや勉強を重ねて照明コンサルタントの資格を取得。現在はエクステリアプランナーを目指して勉強中だ。「各分野の知識を付けて、最終的にはインテリアコーディネーターに挑戦したいです」と笑顔で抱負を語ってくれた。

《無印良品の家米子店》には山陰両県から見学者が訪れる。無印良品の家は建てた後でも間取りの変更が可能なので、施主の好みはもちろん、生活スタイルや将来設計も考慮して一緒に間取りを決めていく。「自分の意見を押し付けず、希望を尊重した提案を大切にしています」

原動力は完成の喜び。最短での資格取得に挑戦中!

土木部
山根 トトロさん
2015年入社

 子どもの頃から街の中で美保テクノスの建設車両などを見かけていたという山根さんは、米子工業高等学校建設科から新卒で入社。学生時代に大規模災害が相次いで起こり「地域に根差した会社で、防災の力になりたい」と土木部を希望した。

 これまでに河川の改修工事やバイパスののり面工事などを経験。「長く形に残ることが魅力。完成後に使う人がいると思うと、少しでも綺麗で良いものをつくりたいです」とやりがいを語る。土木部は草野球チームを結成するほど社員同士の仲が良いことが自慢。現場でトラブルが起きても、一緒に解決できる上司たちの存在が強みだ。

 昨年は1級土木施工管理技士第一次検定を突破。実務経験を積んで最短での資格取得を目指す。「第二次検定までの数年の間に各現場で臨機応変に対応できる力を付けて、一人で現場を任せてもらえるようになりたいです」。

公共工事を中心に、民間の建設現場の造成工事なども手がける。工事は自然に左右される面はあるが、「入社当時と比べても工法やICT化が格段に進歩し、休みを取得しやすくなりました。この業界に興味を持ち、盛り上げてくれる若者が増えてほしいです」と呼びかける

目標は建設現場の責任者「現場代理人」

建築部
高森 伸仁さん
2015年入社

 地元企業で働くことを大前提に、米子工業高等専門学校建築学科で学んだことを生かしたいと新卒で入社した高森さん。実際の現場では、最初はわからないことだらけだったというが、上司や先輩の指導のもとに経験を重ね、2021年、1級建築施工管理技士に合格。「現場全体を把握する大変さはありますが、足場が取れて建物が姿を現すと『ようやくここまで来た』と達成感があります」と仕事について語る。

 プライベートでは赤ちゃんから小学生の3人の子どもがいるお父さん。「現場によっては残業することもありますが、自分のその日の業務が終われば帰れるのが当たり前の職場」と、同じ会社で働く建築士の奥様と二人三脚で子育てに励んでいる。

 現在の目標は、現場の責任者である現場代理人を務めること。上司のサポートを受けて現場を一人で管理した実績がすでにあり、ひとり立ちはもう間近だ。

これまで学校建設や改修工事などさまざまな現場を経験。トラブルや設計の誤差は次に生かすことを心がけ、関係部署と連携をとり情報を共有する。「入社後の講習など教育体制も整っているので、建設業界に興味がある人は一度会社見学やインターンシップにお越しください」

35
美保テクノス 株式会社
業種
総合建設業
事業
内容
土木工事の施工、地盤改良工事の調査・設計・施工、建築工事の設計・施工、住宅及びリフォームの設計・施工など
創 業 昭和33(1958)年7月30日
代表者 代表取締役社長 野津 健市
社員数 195名(男165名 女30名)
〒683-0037
鳥取県米子市昭和町25番地
TEL/0859-33-9211
松江営業所 境港営業所 
〔グループ企業(美勇会)〕
(株)エスジーズ
(株)TMS  (株)リンクス
(株)ミテック 美保エステート(株)
(株)ニチラス (株)スペック
白鳥ケアサービス(株) 
メディカ・サポート(株)
(株)米子クックパートナー
(株)島根テクニカ 大山電気(株)
(株)大山生コン 


求める人材像

(1)「凡事徹底」。挨拶・返事など、当たり前のことをきちんと行えて、すべてのことに感謝することが大切です。

(2)自ら考え、行動できる人。自分でものを考えられる自律性が社会人には必要です。

(3)人間力(感じる力、気づく力、考える力、コミュニケーションする力)をもった人。

(4)元気で明るい人。社員育成のベースで大事なのは「元気で明るい」という素養です。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL