山陰酸素工業株式会社

地域の産業や家庭に欠かせないガス事業 エネルギー・マネジメントで未来を創造

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

戦後から現在まで 地域の発展を支えたガス事業

家庭用から産業、医療用など様々な分野で使われる高圧ガスと、関連機器販売を主に手掛け、山陰でトップクラスのシェアを誇る《山陰酸素工業株式会社》。産業ガス部門では、山陰地方全域から関東地方、九州地方までエリアを広げ、工業用・医療用ガスを販売。家庭でも使用されるLPガスは、鳥取・島根で約40 %の供給シェアを持つ。

続きを読む

創業は戦後間もない1946年。地域の産業復興に必要不可欠だった酸素の取り扱いから始まり、産業用ガスの製造・販売を手掛けていた。1960年代からは一般家庭・業務用LPガスの供給を開始。2002年からは地球環境に負荷が少ないクリーンエネルギーの液化天然ガス(LNG)事業にも着手。家庭から先端産業まで、幅広い分野で使われる様々なガスを取り扱い、時代と共に事業の拡大を進めてきた。企業理念の「わたしたちは、総合力で地域を支え、生活(くらし)に豊かさを提供し、輝きのある未来に向かって共に前進します」という言葉には、地域の発展に貢献してきた自負と使命感が見て取れる。「私たちの会社は、山陰で生まれ、山陰に密着し、山陰と共に歩んできた企業です。ガスをメインとしたエネルギーを安全に安定的に供給し、地域の発展に貢献し続けることが使命です」と並河元(なびかげん)副社長は話す。

山陰酸素工業の大きな強みは、《設備》《メディカル》《住宅設備》からなる技術部を配置し、販売部門と連携して自社で一貫した設備施工と保守管理を行うことにある。技術部門を持つことで、自社で所有する設備をはじめ、学校、商業施設でのガス空調や厨房設備工事、工場や医療機関向けの各種ガスの設備工事、検査、メンテナンスまでトータルサービスを提供している。

記事をたたむ

次世代を見据えた新しいエネルギービジネス

エネルギー業界は、2016年4月の「電力自由化」を機に大きな転換期にある。現在の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになり、エネルギービジネスは新たな局面を迎えている。

そんな流れを見据えて、近年力を入れているのは総合的なエネルギーの提案活動だ。これまでのコンロや空調機器といった家庭用・業務用機器の販売に加え、顧客のエネルギー全体をコントロールする「エネルギー・マネジメント」が次世代のテーマ。「弊社も昨年4月から電気の小売り事業をスタートさせました。ガスも電気もエネルギー。両方の良いところを組み合わせてお客様に提案できるのは、ガス屋である当社の強みです」と並河副社長は話す。

続きを読む

山陰酸素工業は、昨年、「エネマネ事業者」の登録を行い、体制を強化。今後は省エネ、省コスト、少人化のオペレーションを実現できるシステムやサービスの開発にも乗り出す考えだ。「多くの家庭で使われているLPガスは、環境にやさしく災害に強いエネルギーです。LPガスと電気に加え、太陽光発電やエネファーム(家庭用燃料池)、蓄電池といった個別電源のエネルギーをHEMS(家庭で使うエネルギーを管理するシステム)で上手に組み合わせれば、省エネで快適な生活が送れます。省エネのシステム開発や、ガスと電気のベストミックスを提案していきたい。通信基盤の開発なども必要になるので、これからは電気系・情報系の技術者も必要となるでしょう。どんどんアイデアを出し、新しいチャレンジができる人材を求めています」。

記事をたたむ

地域の暮らしを支える仕事にやりがいを感じる

2017年新築移転オープンした鳥取支店は、これからの事業戦略を具現化した拠点だ。初の先進的ショールームを併設し、今の時代にあった家庭でのエネルギーの賢い使い方を提案。来場者が“見て、触れて、体感できる”仕掛けが随所にある。

鳥取支店LPガス特約課で働くのが田中友悠(ともひさ)さん( 26 )だ。実はエネルギー業界への就職は全く考えていなかったという。きっかけは鳥取市内で開かれた合同の企業説明会だった。「正直なところ最初は何をやっている会社か全く知りませんでした。でも話を聞いてみると、ガスと言ってもいろいろな種類があって、家庭はもちろん、様々な産業で必要とされていることが分かりました。地域のためになる仕事をしたいという思いも強かったので、人々の暮らしに必要不可欠な会社だと思ったのが入社の大きな決め手でした」と当時を振り返る。田中さんの仕事は、LPガス販売店への卸売と業務に関する支援だ。鳥取エリアの販売店を担当し、お客様のために奮闘する毎日を送っている。

続きを読む

奥田真未さん( 27 )は、鳥取支店のLPガス直売課に勤務している。LPガス直売課は、一般家庭向けのガス機器の販売を行う部署。奥田さんはおよそ200件の顧客を担当し、販売活動だけでなく世間話をしながら様々な暮らしの相談にのるのが仕事だ。「一番うれしいのは、お客様に『ありがとう』と言っていただけた時ですね。高齢者の一人世帯も多いですから、いろいろな不安を解消してあげられるように、これからも知識と経験を積み重ねていきたいです」と仕事のやりがいを語る。

また福利厚生面でも充実していると奥田さんは感じている。「女性の先輩は産休・育休を取得されているので、結婚や出産を経ても働き続けられる会社だなと思っています。それと私は旅行が好きなので、社員旅行が楽しみです。海外にも行けるので社員一同楽しみにしているんですよ」。

記事をたたむ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

世界規模の工場を支える縁の下の力持ち

「安来には世界規模の特殊鋼メーカーがあり、そのような会社とお取り引きさせていただいていることは我々の誇りです。だからこそしっかりと自分の仕事に責任を持つ必要があると、毎日気を引きしめています」と語るのは、安来支店産業ガス課で働く斉木章悟さん( 25 )だ。産業ガス課は鉄工所や病院などへの営業や、大手顧客のガス供給管理などを行う部署。現在は約 10 社の顧客を担当し、お客様からの問い合わせや相談に対応している。

続きを読む

業務を行うには必要となる資格も多く、学歴や文系・理系問わず皆が挑戦している。「私たちの仕事は知識がないと始まらないので、日々勉強です。資格取得に関しては会社が全面的にサポートしてくれるのでとても心強いです。先輩たちもいろいろとアドバイスをくれ、働きやすい環境だと感じています」と力強く話す。

記事をたたむ

《ケイオス》を通じて地域の「知育」にも貢献

2017年安来支店の隣に《さんそ学習館  ケイオス》がオープン。館内にはガスの性質や用途を楽しく学べる資料や機器が展示されている。「ケイオスは1年で4500人の入場者がありました。子どもたちの知的好奇心を刺激し、学ぶ楽しさを体感するきっかけになってくれればうれしいです。地元大学や教育委員会と連携してイベントを実施しており、私たちはこの施設を通じて地域の“知育”にも力を注いでいきたいと考えています」と並河副社長は話す。

地域の産業や人々の暮らしに必要不可欠なエネルギー事業。山陰酸素工業は、これからも地域発展のために、新しいチャレンジを続けていく。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
05
山陰酸素工業株式会社
業種
卸売・小売業
事業
内容
高圧ガス・ガス関連機器の販売、 供給設備の設計施工 など
創 業 昭和21(1946)年9月15日
代表者 代表取締役社長 並河 勉
社員数 327名(男266名 女61名)
〒683-8516
鳥取県米子市旗ヶ崎2201-1
TEL/0859-32-2300
〔山陰酸素グループ〕
島根日産自動車株式会社
株式会社日産サティオ島根
日産プリンス鳥取販売株式会社
株式会社さんれいフーズ 
 他 7社2組合

求める人材像

色々な事に好奇心を持ち、チャレンジする意欲のある方

自分の意思やアイデアを伝える姿勢をもつ方

人とコミュニケーションをとるのが好きな方

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL