株式会社さんれいフーズ

‟おいしさ”を安全に届け、地域に豊さを提供する。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

山陰で生まれた企業として責任と誇りを持つ

食べ物は命をつなぎ、明日へと向かう力を生み出す大切なエネルギー源。そして、おいしいものを食べた時の満足感は、人を幸せな笑顔にする。《株式会社さんれいフーズ》は、食材の地域卸事業と、山陰の特産物を活かした自社製品の全国販売を2本柱に、食に関わる事業を通じて地域の生活を支え続けている。

続きを読む

 さんれいフーズは、ガスエネルギー・自動車販売・食品を扱う《山陰酸素グループ》の関連会社。母体である《山陰酸素工業株式会社》から1972年に独立し、1995年に現在の社名となって、開発力・技術力・エリアとも地域一の規模となる。2002年には年商200億円を達成し、山陰の外食・中食を支える業務用食材卸の最大手に成長した。自社製品の全国販売では、山陰の特産物である紅ズワイガニ・ズワイガニをはじめ、その特色を活かした様々な冷凍調理食品を、東京・安来の2拠点から日本全国に自社ブランドとして販売。また、中国・韓国・インドネシア・ベトナムの4カ国の海外協力工場とタイアップして、高品質の製品・半製品を低コストで安定供給できる体制を確立している。

  「私たちは『分厚い会社』を目指 しています」と話すのは、さんれいフーズの畠山広幸常務取締役経営企画兼人事管掌。山陰酸素工業を中核にした3業種 12 社2組合で構成する山陰酸素グループは、「豊かで輝く未来を」を共通理念に、創業以来、良質で安定したサービスの提供で地域のライフラインを支えている。畠山常務の指す「分厚い会社」とは、企業が生み出す利益の「財」と従業員が働く環境が整う「豊かさ」、一人ひとりの社員のスキルアップを図る「個」の3つの要素が次々と循環し、厚みを増していくイメージだ。山陰で産声を上げた企業として「この地に、生きる。」をテーマに、地域の人々の生活基盤を担う人材の育成にも力を入れる。5年に1度開催する《ビッグジャンボリー》には、グループ社員が一堂に会し、グループの一体感を高めている。また、2014年からグループの新入社員全員を対象に、ベトナムでの海外研修を導入した。そして、地域営業の拠点となる支店をリニューアルし、作業効率のアップと販売力の強化も積極的に行っている。

記事をたたむ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

鳥取支店リニューアルで作業効率と販売力がアップ

 2018年7月に、新社屋で営業を開始した鳥取支店。倉庫は商品を取引先ごとに区切るゾーンロケーション管理を初導入して作業効率を大幅に上げ、商品の保管庫をそれまでの冷凍、冷蔵、常温の3種類に加えて、マイナス 50 ℃の超低温と、肉と魚の専用庫を設けた。「超低温庫では、マグロを色落ちさせることなく保管することができ、肉や魚もそれぞれに適した温度で管理できるので、お客様に当社商品の品質をより信頼してもらえますし、保管能力が上がったことで、急な注文にも対応しやすくなりました」と話すのは、鳥取支店長代理で地域営業を担当する池内直樹課長( 42 )。鳥取支店で 17年間勤務し、地域営業をこなしながら後輩の仕事もサポートする頼れる存在だ。

続きを読む

池内課長が「この半年で急成長した」と太鼓判を押すのが、2017年に入社した小山兼典さん( 25 )。3カ月の新入社員研修とベトナムでの海外研修も経験し、2017年7月から鳥取支店の地域営業部に配属となった。最初は先輩について営業先を回っていたが、翌年 10 月から本格的にJR鳥取駅前エリアを任されるようになった。

  「友人と飲みに出るのが好き」と いう小山さんは、担当店に客としてよく行くといい、「自分が納品したものがどんな風に使われているのか分かりますし、実際にお客様に食べていただいている様子が見られるとうれしいですね」とはにかむ。新規で営業に伺う店にも事前に食べに行って、どんな食材が使われているのかリサーチするといい、「勉強家で努力家」と池内課長もその姿勢を評価する。小山さんは「池内課長のように、お客様に聞かれたことにすぐ答えられるような営業マンになって、社内の《セールスマンコンテスト》で上位に入りたい」と意気込む。池内課長は「小山君のような若い人たちにどんどん育ってもらって、鳥取支店が会社を引っ張っていくような存在になれたら」と展望する。

鳥取県東部地域の山陰酸素グループは《とっとり共生の里》活動にも取り組んでおり、グループの社員が協力して地域の祭りやイベントに参加し、地域住民やグループ会社同士で交流を深め、お互いの商品を販売促進するなどの効果も生まれている。

記事をたたむ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

取引先を自身で発掘する喜び

  「地元でとれたものを県外で販売し、 山陰の良さを知ってもらえたら」と語るのは広域営業本部広域営業部安来営業所の鎌田晋吾所長( 41 )。2002年の入社から、東京営業所、境港工場、安来営業所を回り、東京営業所で7年過ごした後に2016年2月から現職に就いた。工場勤務では生産ラインに入って管理状況や製造方法を学び、自社製品への理解を深めて信頼される営業へとつなげている。

続きを読む

東京営業所は北海道から静岡の東日本をカバーし、安来営業所は愛知から沖縄までの西日本をカバー。その2営業所を拠点に、月に1~2回、1週間ほど担当エリアに出掛けて営業活動するのが広域営業部の仕事だ。

 自身も愛知・三重・岐阜の3県を担当しながら、部下たちのフォローも行う鎌田所長。「営業の基本はお客様と直接お会いして信頼関係を築くこと。成功した商談はきちんと評価し、普段からコミュニケーションを取って何でも相談してもらえる雰囲気を作って、社員の士気を高めています」。

 鎌田所長は、東京時代、築地市場の鮮魚店に1年以上通って、やっと商談が成立した経験を持つ。「1、2回行ってダメでも『いつかはものにしてやる』という気概があれば、大きな結果に結びつきます。私たちの商品を知らないお客様は全国にまだたくさんいます。そこを自分で発掘していく喜びがあります」。

 鎌田所長の下で広域営業に励んでいるのが、安達健太さん( 25 )だ。日野町出身で県外の大学に進学し、「就職は地元でしたい」と大阪であった就職相談会に参加。そこでさんれいフーズに興味を持ち、個別の企業説明会で畠山常務と出会い、「こういう熱い想いを持っている方がいる会社に入りたい」と、2015年に入社した。

 1年目に安来工場で製造を、2年目に境港工場で商品開発に携わり、3年目から安来営業所に配属。現在、九州エリアを担当する安達さんは「研修中は自分たちが作っている製品の評価を直接聞けませんでしたが、営業になって、取引先の方に実際に食べていただき、『おいしい』と言ってもらえて商談につながると喜びは大きいですね」と笑う。鎌田所長や先輩からアドバイスをもらいながら、工場の研修で得た商品知識も生かして営業にあたり、大手全国チェーンの飲食店との商談も成立させた。「出張中は、その土地のおいしいものを食べるという楽しみもあります。お客様のお店の売上も伸ばせるような提案をしていきたい」とやる気を見せる。

記事をたたむ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

「あなたが活躍する場所はここにある」

さんれいフーズは、山陰で生まれた企業としての責任感と、地元の人々と産業を守る仕事への誇りにあふれている。畠山常務は「伸びしろはたくさんある会社。夢は都会でしか叶えられないものではない。地元だから叶えられることがある。幸せはもっと身近にある。あなたが活躍する場所はここにあります」と呼び掛けている。

04
株式会社さんれいフーズ
業種
食品卸売業、食品製造業
事業
内容
業務用食材の卸販売、自社ブランド製品(カニなどの水産加工品、冷凍調理品)の全国販売
創 業 昭和47(1972)年4月1日
代表者 代表取締役会長兼社長 並河 勉
社員数 335名(男262名 女73名)
〒683-8506
鳥取県米子市旗ヶ崎2147番地
TEL /0859-33-6165
豊岡営業所 鳥取支店 津山営業所
米子支店 松江支店 出雲営業所 
安来営業所 東京営業所
大連事務所(中国)
〔山陰酸素グループ〕
山陰酸素工業株式会社 
島根日産自動車株式会社
株式会社日産サティオ島根
日産プリンス鳥取販売株式会社
 他 7社2組合

求める人材像

山陰・食べること・人が好きな人

誰よりも地元が好きであり、食べることなど食に興味がある方。また、人とふれあい、人とかかわるのが好きな人、一緒に山陰を盛り上げましょう。

あいさつがきちんとできる人

あいさつは人と人とがふれあう第一歩。笑顔で元気なあいさつができる人。

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL