大幸株式会社

安心できるおいしさを届け食文化の発展に貢献

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

海・大地・食卓を結び創業 50 周年

 境港に本社を構え、総合食品卸業と自社加工食品製造業を行う《大幸株式会社》。山陰両県、中国地方を中心に全国へ販路を拡大し、ホテル、レストラン・飲食店、福祉施設や病院、量販店(スーパー)などに業務用食材を供給している。その取り扱いアイテムは、海老やカニの冷凍品や鮮魚、寿司ネタなどの水産品にとどまらず、牛・豚・鶏肉や乳製品、調味料やアルミホイルまでと多種多彩。また、山陰の食品関連企業で唯一、JFDA(ジェフダ=全日本外食流通サービス協会)に加盟し、国内外の有力食品メーカーがオリジナル開発してユーザーシェフから高く支持される和・洋・中華の調味加工品も仕入れるなど、約8000アイテムの商品群を誇り、業態の異なる顧客のニーズにきめ細やかに対応している。

続きを読む

 会社設立は1967年。その2年前に《有限会社大海水産》(現在の大海株式会社)に創部された「海老部門」が、分社独立したのが始まりだ。その後、国内で外食産業が成長期に入った1970年には、山陰地区で初めて、冷凍海老および冷凍魚介類の販売をスタートさせ、それまでの鮮魚主体の水産物流通に新たな市場を開拓した。設立から 50 年を越え、今も社員1人ひとりの活動指針になっているのは、「常に相手の立場に立って考え、行動する」ということ。そのため、様々な食材を確実かつ迅速に得意先に届けるだけでなく、厨房での手間やコストを省く食材供給、新メニューやブランド品開発など、取引先(顧客)の営業上の課題や要望に沿う“提案型”の営業活動を貫いている。“安心できるおいしい食品を的確に届け、お客様に心から喜んでいただけること”ーそれが、本社・鳥取営業所で働く社員たちのモチベーションとなっているのだ。社内も、営業部・商品部・総務部がそれぞれの力を出し合い、のびのびと仕事ができる社風が息づいている。上司と部下などの壁が無く、自由に意見を言い合ったりして絆を深めている。大幸は、関わり合うすべての人と心を通わせながら、業務用食品を通して地域の豊かな食文化に貢献している。

記事をたたむ

営業部

食品市場分析やマーケティング戦略をもとに、顧客ニーズに合わせた食材の提供や、得意先の運営課題を解消する食材・メニュー開発など、提案型営業を行う営業部。営業1部の山本さんは、島根県東部エリアの松江駅前を中心に、ホテル・居酒屋・病院を担当している。営業職に就いて日が浅い頃、取引先のお店から「大幸さん」ではなく、初めて自分の名前で呼んでもらった時のうれしさは、今も忘れていない。今の目標は、取引先にとって役立つ存在になる事と、チーム内の業績を上げて社内を盛り上げる事。

商品部 仕入課

主要取引先を含む協力企業300社と、多彩な商品群の仕入ネットワークを構築する商品部は、境港の鮮魚を原材料に自社加工製造するなど、地産地消アイテムの充実にも力を入れている。海老・調味加工品などの冷凍食材から、油や調味料といった常温食材の仕入を担う深沢さんは、3年間の営業活動を経て、入社4年目から商品部へ。医療福祉施設やデパート内のテナント飲食店を担当した営業経験が、現職に役立っている。「今後は食品会社と協力して地元食材の商品開発を増やすなど、地域活性に繋げたい」

商品部 商品課

-25℃の冷凍冷蔵庫から-55℃の超低温冷凍庫などを配し、取引先からの受注に対応する商品課は、大幸の根幹をなす重要なセクションだ。倉庫職は、品切れを出さず、食材の賞味期限や作業の安全に配慮しながら、迅速な出庫体制を構築している。「取引先への注文品を揃える営業マンとの連携も含め、仕入れ先業者など多くの人と関わる仕事です」と足立さん。フォークリフト運転免許など業務に必要な資格は、会社全額負担で取得した。「今以上に仕事の精度を上げ、会社の利益アップに貢献したい」と語る。

10
大幸株式会社
業種
冷凍食品卸売業
事業
内容
冷凍食品卸売、食品製造、 食材販売
創 業 昭和42(1967)年6月30日
代表者 代表取締役 森脇 哲雄
社員数 130名(男108名 女22名)
〒684-0034
鳥取県境港市昭和町12-41
TEL/0859-42-6221
鳥取営業所
〔大海グループ〕
大海株式会社
大海通産株式会社

求める人材像

明るく元気な方

人と接する事が好きな方

協調性を大切にする方

責任感のある方

目標を持って挑戦したい方

どれか一つでも当てはまる方、ぜひ一緒に働きましょう!

資料請求・お問い合せ先

採用直通 TEL